初耳学NISA・iDeCoの違いをお金の大学両学長&厚切りジェイソンが解説!

お金の大学

2022年7月31日

日曜日の初耳学「初耳トレンディ」

お金の増やし方!

お金の大学・両学長、IT企業の役員も務める二刀流芸人・厚切りジェイソンさんが登場。

投資初心者に、話題の投資「NISA」「iDeCo」を解説!

NISAとiDeCoの違いや、始め方、運用のコツなどお金の増やし方を教えてくれます。

ギャル曽根さんも、NISAとiDeCoに挑戦しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

日曜日の初耳学「NISA」「iDeCo」

ニーサとイデコは、投資の利益に税金がかかありません(年間非課税枠内の場合)

投資で得た利益は、通常なら約20%の税金がかかります。

NISA

株式や投資信託などでの運用益が非課税になる制度。

NISAには、「一般NISA」と「つみたてNISA」の2種類があります。併用不可。

  • NISA  
    運用期間 5年
    上限金額年間120万円
    短期投資向き
    対象商品 幅広い商品
  • つみたてNISA 
    運用期間20年
    上限金額年間40万円
    長期投資向き
    対象商品 金融庁が認めた商品

初心者は長期投資の方が失敗しにくいので、二人のおすすめはつみたてNISA

毎月1000円から可能(100円からできる証券会社もあり)

iDeCo

個人型確定拠出年金のこと。

厚生年金などの公的年金ではなく、自分が決めた金額を月ごとに積み立てていく「私的年金」です。

最大のメリットは、節税対策。

iDeCoは運用益が非課税になることに加え、掛金も全額所得控除となるという税制メリットがあります。

  • 年収500万円の方なら、年間最大5万6000円の節税(条件による)
  • 年収900万円の方なら、年間最大8万4000円の節税(条件による)

運用期間は加入から60歳まで。60歳まで引き出せません。

上限金額は、職業や加入している年金制度により異なります。

今年の5月に制度が変わり65歳未満であれば加入可能になり、運用期間が65歳までに延長。(条件あり)。

手数料が高いので注意。年間2052円+運営管理の手数料(月0~440円・会社による)

まとめ

日曜日の初耳学「初耳トレンディ」

話題の投資「NISA」「iDeCo」の違い、参考にしてください。

日向坂46・影山優佳さんも実践しているそうですよ。

投資により既に「FIRE」を達成し、資産形成に関する本も書いている厚切りジェイソンさん。

著書「ジェイソン流お金の増やし方」も話題です。

リベ大の両学長は、素顔も素性の非公開。

YouTubeチャンネル 両学長 リベラルアーツ大学は、チャンネル登録者200万人超!

厚切りジェイソンさんとの対談動画はこちらです。

本は累計発行部数100万部突破。

「本当の自由を手に入れるお金の大学」

私も買って読みましたが、イラストが多くわかりやすいですよ。

よかったらこちらもどうぞ。

2022年2月27日 日曜日の初耳学【初耳トレンディ◆「投資」を学ぼう】 月1万の積立てが…2500万円に⁉ 初心者でも簡...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする