ヒルナンデス!広島オトナ女子旅「尾道&鞆の浦」猫の細道と尾道海岸通り

大久保さんとあさこさんのオトナ女子旅企画は「広島」。

2017年10月31日は、名所・千光寺を目指し、尾道でぶらり旅。

尾道は小京都とも呼ばれ、郷愁を誘う風景が映画の舞台にもなってきました。

年間約67万人の観光客が訪れます。

11月14日は、江戸時代からの港町、年間215万人が訪れる風情ある鞆の浦へ。

瀬戸内の海の幸は、美味しいものが一杯♪

行ったお店を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大

尾道

渡舟

向島から尾道へは、渡舟で移動。晴れていれば、キレイな風景が楽しめます。

渡船乗船料 大人100円 子ども50円

猫の細道

千光寺へ向かう約200mの細い路地の坂道は、猫の細道。

作家の園山春二先生が描いた「福石猫」が点在し、この愛称で呼ばれるようになりました。

全部見つけると幸せになれるそうですよ。

道が細すぎて家の改修が難しく、古い民家が残ります。

尾道イーハトーヴ 梟の館

築90年の古民家カフェ。木のぬくもりが素敵な雰囲気です。

1500体の梟のオブジェが飾られていますが、梟(ふくろう)は世界中で、幸せを呼ぶ鳥と信じられているのですって。

ほっとみかん 700円

瀬戸内・大三島産のみかんの生しぼり果汁を、3分間じっくり見込んだもの。温まります。

抹茶みるくプリン 300円

抹茶、牛乳、マシュマロで作ったプリン。

食べログ 梟の館

天寧寺三重塔

室町時代に建立された天寧寺。

三重塔からの眺めは、インスタ好みの撮影スポット。

カフェ帆雨亭

素敵な門構えのカフェ。文豪・志賀直哉の貴重な初版本を所蔵。

佐々木希さんは、写真集の撮影をここで行ったそうです。

額縁の中に入れたような風景が、窓越しに楽しめます。

プラムスカッシュ 700円

向島産甘酸っぱいプラムを使用。下半分はキレイな紫、上半分は透明な炭酸。見た目のキレイさで、女性に人気。

じゃこねぎピザトースト 540円

地元名産のちりめんじゃこを使った、分厚いピザトースト。美味しそう。

食べログ 帆雨亭

千光寺

尾道一の絶景ポイント。週末の夜は向島のクレーンがライトアップされ、夜景がきれいです。

持佛堂襖絵特別公開

日にち限定で公開している襖絵を、この日は特別に見せてもらいます(次回11月3日~5日公開)。

襖に描かれているのは、恋愛の神様・愛染明王。

矢にはハート、手には赤い糸が描かれた、若い人でも親しみがわくアートです。

千光寺公園

頂上144mの公園。5月は藤、夏にはつつじが楽しめます。

八朔プリン

頂上の売店には、ちょっと変わったものも売っています。

名産の八朔(はっさく)が入った、ホロにが&クリーミーな新食感のプリンです。


【万汐農園】 ぷりん詰合せ (八朔ぷりん(110g)×4本・檸檬プリン(110g)×4本)

千光寺山ロープウエイ

帰りはロープウェイで下山。高所恐怖症のあさこさんは、険しい顔で微動だにしませんでした。

大人320円、子ども160円

うろこ・かき船

尾道海岸通りのお店。

昭和2年創業。味にうるさい地元の方が通う、地元の味が楽しめるお店です。

窓の外はすぐ、尾道水道。眺めがいいですね。亀も泳いでますよ。

ほうろく焼き 2700~3240円

まず出てきたのは、ほうろく焼き。中世に村上水軍が好んで食べた料理です。

ほうろくとは素焼きの浅い土鍋。幻の魚・あこうを乗せ、蒸し焼きにした尾道の名物料理です。

かきのどてなべ 6050円(2人前)

看板料理、特製白味噌仕立てのかきのどて鍋。

牡蠣をすき焼きのように、卵に付けていただきます。

牡蠣と卵、珍しい組み合わせではないですか?

食べログ かき船

夕やけカフェドーナツ

食べ歩きのドーナツ屋さん。ドーナツは全て、かわいいハート型。

国産大豆で作られた木綿豆腐で生地を作り、米油で揚げているので、ヘルシーで後味スッキリ。

マルシマ有機しょうゆドーナツ 180円

食べログ 夕やけカフェ

マルシマ有機しょうゆって何? と思って調べてみました。

瀬戸内海・小豆島は昔から醤油の島として発展してきたのですって。マルシマ醤油は、昔ながらの製法を守る老舗です。

丸島醤油 有機醤油 濃口550ml【マルシマ 有機 醤油】【丸島 濃口】【本醸造 醤油】【有機醤油】【有機醤油 濃口】【濃口醤油】【マルシマ 醤油】【RCP】

パンのなる木

海岸沿いのベーカリー。海の見えるイートインコーナーがあります。

はじめはパンよりも、お客さんにちょっかい出しまくりの二人。

地元産の小麦粉と天然酵母で焼き上げ、40種類以上を提供します。

塩バターパン 140円

表面はビスケット、中に塩味の利いたバターをサンド。表面はサクッと、中はしっとり!

食べログ パンのなる木

鞆の浦

土屋本店

創業90年、すべて手作りの練り物屋さん。使っているのは、とれたてのタラ・グチなど。

お酒のつまみにいいですね。二人はさっそくお酒飲んじゃいましたよ。

にぎりちくわ 260円 

鞆の浦名物。魚もすり身を竹に握り付けたちくわ。

瀬戸内グリーンレモン天 380円 

皮も入って爽やか。

半熟たまご天 270円

とろっとした煮卵が入っています。

株式会社 土屋本店

常夜燈

江戸時代末期1859年建造の、鞆の浦のシンボル。

港の常夜燈としては、日本一の大きさです。

鞆の浦のメーン通りは、築150年以上の古民家が今も残っています。

美しい日本の歴史的風土100選にも選ばれた風景です。

鞆の浦a cafe

店主は鞆の浦の平井堅⁉

築150年の長屋を使用した、女子に人気のリノベーションカフェ。

鞆の浦の鯛を使ったパスタをいただきました。「おいしい、おいしい」って。

瀬戸内真鯛のパスタ 1,200円

ジャコと瀬戸内レモンのブルスケッタ 1個300円

田尻イワシのオイルサーディンブルスケッタ 1個300円

食べログ 鞆の浦a cafe

ビーチカフェ キッチンナッティ

小室浜海水浴場の目の前の、隠れ家的なレストラン。

ビーチで野外ライブをやったりするようですよ。

ハーフ&ハーフピザ 季節野菜と生ハムのクリーム、瀬戸内タコのジェノベーゼ 1,250円

自家製天然酵母で作るピザを特製石窯で焼き上げます。外はパリパリ、中はモチモチ。

ここで意外な事実が判明。昔、a cafeの平井堅さんと、こちらのオーナーはバンドを組んでいたのですって。

ビーチカフェ キッチンナッティ

感謝の家 豆冨工房

生豆冨 600g 515g

1日150丁売れる、超濃厚寄せ豆冨。地元だけでなく観光客にも人気。豆の甘味たっぷり。

豆冨ソフトクリーム 300円

牛乳、たまご、バニラは不使用。ミキサーでクリーム状にした豆冨にメープルシロップ加えただけ。豆冨と米粉ワッフル付き。

食べログ 感謝の豆冨工房

仙酔島

行く予定だったけれど、フェリー欠航して断念した島。神々が住むパワースポットですって。残念でした。

晴れていれば5分のフェリー乗船で渡航可能。

仙酔島

鴎風亭

海が見える絶景ホテル。

ビューバス付セミスイート 平日1泊2食 一人3万5,000円(税別)

朝霞

食事処では、鯛しゃぶなど、地元でとれた鯛料理がいただけます。

天然鯛の胡麻ダレ茶漬け 1,944円

ホテル鴎風亭



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告