ヒルナンデス、靴・鞄・ジュエリー職人養成学校「ヒコ・みづのジュエリーカレッジ」

2018年5月2日放送。

就職率98%。世界中から入学者が殺到する職人養成学校。

水野学園 ヒコ・みづのジュエリーカレッジ

1966年、ジュエリー専門学校として開校。

現在は、カバン、靴、時計などあらゆる分野の職人を育成。

主婦や会社員も学びに来る秘密とは?

スポンサーリンク
レクタングル大




靴づくり

3年間靴づくりを学ぶと、皮靴のリーガルや、スポーツのアディダスなどに就職。

講師の先生は、老舗イギリス靴メーカー・トリッカーズで靴職人を経験したプロ中のプロ。

靴を作るには色々な工程があります。

デザイン画から木型を作り、パーツの素材を裁断。

ミシンでパーツを縫い合わせ、靴型に合わせ、吊り込み。

この吊り込みが1番重要な工程で、靴の良し悪しが決まります。

皮を挟み、釘を打つ、ワニと呼ばれる工具を使います。細かいしわを伸ばし、バランスよく靴ひもが中央にくるようにします。

最低1週間寝かせてなじませ、ソールを張り合わせて靴がやっと完成するのです。

生徒さんたちの作った靴を見ると、とっても個性的。

熱帯魚のベタをイメージしたハイヒールは、皮にウロコの模様があって、ヒレのような糸の房が付いています。

バッグ作り

カバン作りは普通、デザイナー・パタンナー・裁断師・裁縫師など分業されています。

この学校では、全ての工程を1人で出来るようになります。

世界的に日本の皮製品は人気で、中国、韓国、台湾、ベトナムなどの留学生も多いです。

1年生は基礎となる、トートバックを学びます。

デザインを元に型紙を作り、生地を裁断、ミシンで縫製。

ジュエリー作り

20~50代、主婦やOL、サラリーマンが通うジュエリーのキャリアスクール。

土曜日や夜間にも開講、好きな日に受講できます。

作った作品をネット販売する人も増えているとか。

1日体験の教室もあります。

わずか2時間で、オリジナルアクセサリーが作れちゃいます。

シルバーリング工程

1、太さを選ぶ。3種類から。

2、カット。自分の指のサイズをはかってカット。

3、刻印。好きな柄で世界で一つのオリジナルに。

4、丸く成形。バーナーであぶったシルバーを、芯がねと木づちで曲げます。

5、ロウ付け。銀より早く溶ける銀ロウで結合。

6、真円に成形。リングを冷まして、芯がねと木づちでなじませます。

7、仕上げ。硫黄の薬品につけ全体を黒くし、表面の黒ずみを削り、刻印を目立たせます。

教えてくれるのは、稲吉正一先生。

先生のブランド「Ikoi工作室」は一点物で人気。先生に憧れて通う学生も多いとか。

Facebook Ikoi工作室

まとめ

職人さんの卵から、趣味で通う方まで、色々な方が通う専門学校。

1日でオリジナルシルバーリングを作れる教室も、楽しそうですね。

学校はどこにあるの?

学校の情報を調べてみました。

住所:本校舎 東京都渋谷区神宮前5-29-2

青山校舎 東京都渋谷区渋谷1-20-5

神南校舎 東京都渋谷区神南1-4-22

TEL:0120-00-3389(入学相談室直通)

本校舎アクセス:渋谷駅から徒歩9分、原宿駅から徒歩9分、明治神宮前駅から徒歩5分

靴、カバン、ジュエリー以外に、時計のコースもあります。東京は全4コース。

大阪には、ジュエリーコースとウォッチコースのカレッジがあります。

東京のサイトはこちら。ヒコ・みづのジュエリーカレッジ

大阪のサイトこちら。ヒコ・みづのジュエリーカレッジ大阪

専門学校って高いの?

ジュエリーコースなら、2・3・4年制のコースがあります。

ジュエリープロダクトコース(2年制)

ジュエリークリエーターコース(3年制)

アドバンスドジュエリーコース(4年制)

各コースとも、2018年度納入金 139万8800円 、工具・教材費・その他別途34万6030円

教材費はやっぱり結構掛かっちゃいますよね。

1日レッスンは?

東京のカレッジで行われている1日体験。

ジュエリーの1日体験レッスンは、費用2,000円(材料費込み)。

開講時間は、月~土:10:00~12:00/13:30~15:30/16:00~18:00/19:00~21:00

材料費込みでこの価格はお安いですね。

詳しくはこちら。ヒコ・みづのジュエリーカレッジ 1DAYレッスン



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする