ヒルナンデス リフォーム!築60年の家が大変身【松浦怜子一級建築士事務所】

家模型と虫眼鏡

2022年12月6日

ヒルナンデス 

リフォームの達人の自宅に潜入

築60年、20年空き家だった家が大変身!

住み心地アップ術&生活に便利な㊙テクとは?

スポンサーリンク
レクタングル大

ヒルナンデス リフォームの達人

リフォーム

東京都中野区の古い一戸建て。

元は、2階建て7DK

2階の3部屋をつなげて、約23畳のリビングダイニングにリフォーム。

  • 梁は研磨して残して広々。
  • 劣化した外壁は、ガルバリウム鋼板(亜鉛・アルミ・シリコンを組み合わせた合金)を使用。お手入れが面倒な人にオススメ。
  • 断熱するための工夫。屋根との間に空気層を設け、換気扇で排気。
  • 窓は二重窓。元々あった木枠の窓を残し、外側に複層ガラス窓を設置。
  • テラス窓はハニカムグラインドで、断熱効果アップ。
  • ダイニングに簡易洗面台を設置。
  • 2階の床の穴をあけグレーチング(格子状の強化プラスチック)を設置、下の部屋に日の光が入るように。
  • リビングの押入れをトイレに。
  • キッチンはインターネットで展示品を購入。
  • お風呂はガラス張り、天窓付き。お風呂用床暖房を導入。

松浦怜子一級建築士事務所

松浦玲子さんは、一級建築士で建築事務所を経営。

東京都中野区上鷺宮2-24-4
サイト 松浦玲子一級建築士事務所

この投稿をInstagramで見る

松浦怜子(@reikosekkei)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

松浦怜子(@reikosekkei)がシェアした投稿

リフォームの達人まとめ

ヒルナンデス 

リフォームの達人の自宅に潜入!

築60年、20年空き家だった家のリフォーム。

外壁・屋根・窓全体のリフォーム費用は約600万円。総額は約1900万円だそうです。

素敵でしたね。

よかったらこちらもどうぞ。

2022年11月29日 ヒルナンデス! リフォームの達人の家を覗くんデス 築47年マンションを超機能的にリフォーム...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする