名字名前のギモン!名字の由来&人気の名付けと読み方【ジョブチューン】

命名の紙

名字&名前のギモン解決!

2018年2月24日放送のジョブチューンの内容をまとめています。

教えてくれたのは、名字研究家・髙信幸男さん、命名研究家・牧野恭仁雄さん。

これを読むと、日本人の名字名前について、ちょっと物知りになれますよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

名字のギモン

名字はいつからあるの?

平安時代

それまでは天皇が豪族に姓を与えていました。「源」や「平」など。

同じ姓の者が増えたので、区別をつけるため名字をつけるようになりました。

1875年(明治8年)に義務化されました。

名字はどうやってついたの?

地形や地名から

日本人の名字の8割が、地形や地名から。

山のふもとに住むと「山本」、山の田んぼの近くに住むと「山田」

三浦半島に住むと「三浦」、千葉半島に住むと「千葉」

職業から

はたを織る服織部(はたおりべ)から「服部」

錦の織物を作る錦織部(にしこりべ)から「錦織」

藤がつく名前が多いのは?

佐藤、伊藤、斎藤、加藤などは、藤原家がルーツ。

全国の藤原さんが、地名や職業と組み合わせました。

  • 佐藤 佐野庄の藤原
  • 加藤 加賀の国の藤原
  • 斎藤 伊勢神宮の事務の役所・斎宮寮(さいぐうりょう)で働く人

漢字の種類が多い名字は何故?

渡辺、渡邉、渡邊など。

役所の人が文字を間違えたのが理由の一つ。

昔は筆で書いたので、かすれたり点が落ちてしまったりしたのもありました。

何故同じ漢字で違う名字があるの?

  • 羽生 「はにゅう」「はぶ」
  • 河野 「かわの」「こうの」
  • 新垣 「あらがき」「にいがき」

スケートの羽生選手は、宮城県大郷町羽生地区がルール。

将棋の羽生棋士は、菅原道真が漂着した場所がルーツ。

変わった名字

  • 無敵(むてき)…山口県で5軒。高杉晋作が名付けたという説があるそうです。
  • 躑躅森(つつじもり)…一番画数が多い名字。54画。全国に15世帯。
  • 一(かず)…一番画数が少ない名字。
  • 回り道(まわりみち)…ひらがな入りは珍しい。
  • 野ざらし(のざらし)…ひらがな入りは珍しい。
  • 日本(にほん) 賜った名前
  • 大王(だいおう)
  • 東京(とうきょう)…昔「江戸」だったけれど、首都が東京なった時に「東京」に変えたそう。
  • 九(いちじく)…一字の九でいちじく
  • 小鳥遊(たかなし)…鷹がいないでの小鳥が遊べる
  • 月見里(やまなし)…月がよく見える里には山がない

名字って変えられるの?

裁判所の許可を取って変えることができます。

理由は、難しくて読んでもらえない、子どもがいじめられるなど。

名前のギモン

名前の決まりは?

使える漢字は常用漢字2136字+人用漢字863字=2999字

読み方に決まりはありません。

音を決めてから漢字を決める、当て字ネームが最近の流行。

人気の名づけ

男の子

ここ数年の1位 陽翔(ようと、はると、あきとなど)

名づけサイトでは、本来読まない字も使われるので、知らないでつける親が多いとか。

昭和2年の1位 昭二(しょうじ)

昭和3年の1位 昭三(しょうぞう)

漫画「タッチ」連載中は、「達也」「和也」が人気に。

Jリーグが始まると漫画「キャプテン翼」の「翼」が人気に。

女の子

古来「子」は男性に付けられていました。小野妹子など。

それが大正から昭和にかけて「子」が大流行しました。

  • 天皇家の女性は「子」がつくので。
  • 東京百美人というイベントで「子」のつく芸者が多かったので。
  • 津田梅子や与謝野晶子など、時代の先端の女性をまねて。

まとめ

日本人なら誰でも持つ、名字名前

渡邉さんや渡邊さんのヒミツにはびっくり。役所の人が間違えたって、そんなのアリ?

ひらがな入りの名字があるとは知りませんでした。まわりにはいないなあ。

平成の名付け、今の子は読めない名前が増えましたよね。

ちょっと前には、キラキラネームって言いましたね。

「光宙(ぴかちゅう)」が話題になりました。読み方は何でもありでOK。

「赤」を「あお」と呼んでも法律的には問題ないそうです。

はんのひでしまは、番組で登場した、日本一の品ぞろえのはんこ屋さん。

約10万、日本人の名字の8割が揃います。

福岡県福岡市 はんのひでしま

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ジョブチューン同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。

ジョブチューン、口の健康、歯周病チェック法、口臭にはリンゴと牛乳 



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする