注目文房具!ライバル企業大絶賛の10アイテムをチェック【ジョブチューン 】

プラス フィットカットカーブ

2019年2月23日ジョブチューン

ライバル企業が絶賛!使って楽しい文房具

日本を代表する7社が、他社の文具を褒めるために集結。

参加企業は、コクヨ・ゼブラ・ぺんてる・パイロット・プラス・バンデ(西川コミュニケーションズ株式会社)・ハイモジモジ

  • 常識を覆した文房具
  • ワンアイデアで大ヒットした文房具
  • 使って楽しい文房具

紹介された文房具、ぜひチェックしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

常識を覆した文房具

ぺんてる オレンズネロ

3000円。

パイロット・ゼブラ・コクヨが絶賛。

折れないシャープペンシルの進化。技術力がスゴイ、画期的。

芯が減るとパイプがスライドして守るので、芯が折れにくい構造。

ノックしなくても、自動芯出し機能付き。

0.2㎜も販売。

ゼブラ デルガード タイプER

700円

コクヨ・ぺんてるが絶賛。

折れないシャーペンの火付け役。2つのスプリングで折れにくい構造。

ワンアクションで消しゴムが出るシャープペンシル。

お尻部分をひっくり返すと、自動的に消しゴムが出て、自動に戻ります。

パイロット フリクションライト

ゼブラ・ぺんてるが 絶賛。

消せるがここまで来た究極のペン。

後から見直して余計な部分が消せる蛍光ペン。

プラス フィットカットカーブ

300円~

コクヨ・パイロットが絶賛。

切れ味がスゴイハサミ。

刃の曲線によって、紙との接点がいつでも切れやすい30度を保ちます。

一定に力で切りやすい。切れ味3倍!

紙の他に、調理用もあります。

ワンアイデアで大ヒットした文房具

コクヨ ソフトリングノート

280円~

プラスとパイロットが絶賛。

ストレスフリーのリングノート。

硬すぎず柔らかすぎない、特殊なプラスチックのリング。3年かけて開発。

ハイモジモジ TAGGEDメモパッド

490円~

ぺんてるとパイロットが絶賛。

キッチンに欠かせないメモ帳。水に塗れても書ける!

素材はクリーニングタグと同じ。

コクヨ ハコアケ

700円~

プラスとゼブラが絶賛。

世界初、ハサミとカッターの融合。箱の開封作業が楽に。

使って楽しい文房具

プラス デコラッシュ

1個 200円~

コクヨとゼブラが絶賛。

女性に大人気。女子文具の火付け役。可愛いテープ。

次々に新柄が出て、柄の数は79種類もあります。

1つのデコラッシュに、最大70種の柄があるものも。

ぺんてる アートブラッシュ

プラスとコクヨが絶賛。

1本 500円

使って楽しい色付き筆ペン。文字だけでなく、イラストも描ける。

海外の方にも人気。

筆先に水をつけると濃淡が表現できます。


ぺんてる 筆ペン アートブラッシュ XGFL-109 ピンク

バンデ マスキングテープ

コクヨとぺんてるが絶賛。

1個 350円~

女性に大人気のマスキングテープ。

1枚1枚はがれるので、素敵にデコれる。重ねればちぎり絵風にもなります。

まとめ

楽しい、便利な文房具がたくさん紹介されました。

ハサミや消えるラインマーカーは私も欲しいと思いました。

こんなかわいいアイテムも、紹介されていましたよ。

パイロット フリクションスタンプ

消えるボールペンと同じインクなので、消すことができます。

種類は60種。実用的。

ラップに書けるペン

6色セット 900円

その名通りラップに綺麗に字や絵が描けます。

使ってみました

切れ味3倍のハサミと、消えるラインマーカー、リングノート。

気になった文房具を買ってみました。

パイロット フリクションライト

これが、消える蛍光ペン。2本で200円しない位の値段でした。

買ったのはこの黄色とピンクのセットですが、フリクションライトの色は他にもあります。

白い紙に線を書いてみます。まあ普通の蛍光ペンのラインですね。

インクが乾いてから、ペンの後ろでこすると色が消えます。

フリクションのボールペンと色鉛筆は使っていましたが、マーカーが出ていると知りませんでした。

確かに便利ですね。

プラス フィットカットカーブ

切れ味が3倍というハサミ。スーパーで300円くらいでした。

刃を見ると、確かに真っ直ぐではなく、カーブしています。

試しに紙を切ってみます。

軽くて、サクサク切れますね。

今まで100均のハサミを使っていたので、切れ味の違いは3倍以上な感じです。

切るのが楽になります。これは買ってよかったなあ。

コクヨ ソフトリングノート

リングがやわらかいというノート。

指で触ってみると柔らかいです。押すとリングが潰れます。

普通のリングノートって、書いている時に、手がリングに当たって痛くなるもの。

でもコレは手に当たる感じが柔らかくて、確かにストレスフリーです。

今は文房具も進化しているのですね。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月14日。 マツコの知らない世界~万年筆インキの世界 万年筆のインクは今黒だけじゃない! なんと世界で400...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする