ジョブチューン 咳にコーヒー、インフルエンザにれんこん、冷え性にまいたけ

2017年12月9日のジョブチューン

冬の病気にいい食べ物を紹介!

咳を和らげるには、コーヒー。

インフルエンザ予防に、レンコン。

冷え性に、まいたけ。

レシピと予防のエクササイズも紹介されたので、まとめてお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

正しいマスクのつけ方

インフルエンザにマスクは効かないというのは間違い。

鼻やのどの温度が高くなるので有効です。

問題は、7割の人が正しくマスクをつけていないこと。

正しいマスクのつけ方は

  1. マスクの中心を鼻を合わせた上で、ゴムを耳にかける
  2. ノーズフィッターを鼻と頬合わせて折る
  3. プリーツを広げてあごの下までしっかり覆う
  4. マスクを両手で押え、顔にフィットさせる

顔の大きさにマスクを合わせるのも大事です。

マスクを外すときは、マスクの表面を触りません。ゴム紐だけをつかんで、蓋つきのゴミ箱に捨てましょう。

咳の見分け方といい食べ物

大谷義夫先生が解説してくれました。

咳が続く期間が2週間続くと危険。風邪以外の病気の可能性があります。

咳ぜんそく

気道の粘膜に炎症が起こり、軽い刺激でも反応して咳が出ます。

暖かい所から寒い所に出た時の温度変化による咳は、咳ぜんそくかも!?

最近急増。今では日本人の10人に1人が咳ぜんそくとも言われています。

ほっておくと3割がぜんそくに。ぜんそく予備軍なのです。

逆流性食道炎

食道と胃の境目の筋肉が緩んで胃液が逆流。食道に炎症が起きてしまいます。

10人に1人はいると言われる病気。最近多いです。

胸やけ、喉のイガイガなどの違和感を感じたら、可能性があります。

誤嚥性肺炎

日本人の死因3位は肺炎。ほとんどが70歳以上の高齢者。肺炎の7割が誤嚥性肺炎です。

気道の弁の開閉がうまくいかず、食べ物や唾液が気管に入ってしまうため咳が出ます。

1番危険なのは、唾液。細菌が肺で繁殖して、肺炎になってしまうかも!?

誤嚥性肺炎の予防法

1、1日4回の歯磨き(起床時、朝食後、昼食後、寝る前)

2、食事の前に30秒で3回、唾液を飲みこむ(飲みこむ機能のウォーミングアップになり、喉の筋力を鍛えます)

咳を抑えるのにいい飲み物

コーヒーは、咳を和らげます。

カフェインは気管支を広げ、炎症を押えるためです。

緑茶・紅茶でもOK。コーヒーの半分のカフェインがとれます。

呼吸筋エクササイズ

  1. 両足を肩幅に開き、背筋を伸ばす
  2. 両手を頭の後ろで組み、鼻から大きく息を吸う
  3. 手を上に伸ばしながら、口から息を吐き切る

1日10回を2セット。

インフルエンザ

日比野佐和子先生が解説。

今年の夏、南半球ではインフルエンザが大流行。

半年遅れで今年、日本でも大流行の可能性が!

免疫力を上げるには、免疫細胞の働きを高めることが大事です。

インフルエンザ予防にいい食べ物

LPS(リポポリサッカライド)という成分が免疫力を高めます。

LPSは根菜の多く含まれます。

特に、レンコン! なんと、LPSは人参、里芋の6倍以上。

ネバネバの成分が、ウイルスや花粉などが粘膜から侵入するのも防いでくれます。

1日100gのレンコンでOK。

皮と節の部分にLPSが多いので、捨てないで食べましょう。

毎日レンコンを食べられない方は、レンコンパウダーなんてものもありましたよ。

花粉の季節に売れてます【メール便送料無料】「武蔵庵 遠赤外線乾燥れんこん粉末 100g」無添加・無着色代引不可『10個以上注文で他の商品と同梱可能!(冷凍除く)』

レンコンレシピ

管理栄養士・渥美真由美先生が教えてくれました。

180度以上で調理すると、LPSの成分が壊れてしまうので注意。

ごろごろれんこん炊き込みご飯

金芽米に含まれるLPSは、白米の6倍。

材料

  • 金芽米2合
  • レンコン200g
  • 鶏ひき肉100g
  • 生姜すりおろし小さじ1
  • 酒大さじ1
  • 塩小さじ1
  • 醤油大さじ1
  • 切り昆布4g

作り方

  1. レンコンはサイコロ状に切って水にさらす。
  2. 金芽米に、塩、醤油、千切りにした昆布を入れる。
  3. 生姜と酒で味付けした鶏ひき肉と、レンコンを入れて炊く。

金芽米は、玄米の栄養を残した無洗米です。

栄養成分と旨み成分が多い「亜糊粉層(あこふんそう)」と、胚芽の基底部である「金芽」を残す精米方法。

玄米の栄養に近く、白米のように食べやすいお米です。


【29年産・新米】金芽米 ハイセレクト4.5kg【送料込】※無洗米・LPS(リポポリサッカライド)が豊富で免疫力アップ(きんめまい・お米)

れんこんのすり流し汁

海苔の佃煮でもLPSを摂取できます。

材料

  • レンコン 200g
  • だし汁 500ml
  • みそ 大さじ1
  • 海苔の佃煮 大さじ2
  • 青ネギの小口切り 大さじ2

作り方

  1. スライスしたレンコンを、だし汁で5分煮る。
  2. みそと一緒にミキサーでペースト状にする。
  3. もう一度温め、海苔の佃煮と青ネギを入れる。

冷え性

川嶋朗先生が解説。

身体が冷えると免疫力が低下してしまいます。

たかが冷え性と思っていると、大病の原因になることも。

体温が1度下がると、なんと免疫力は30%もダウン!

冷え性予防にいい食べ物

ナイアシン・・血管を広げる効果が期待できます。

βグルカン・・血液をサラサラにする効果が期待できます。

両方取れるのは、まいたけ。きのこ類ではトップクラスです。

1日100g食べましょう。

マイタケとミョウガのかき揚げ

管理栄養士・望月理恵子さんが教えてくれました。

辛み成分ミョウガジアールが血流をよくします。

材料

  • マイタケ 100g
  • ミョウガ 20g
  • 玉ねぎ 30g
  • 水・てんぷら粉・揚げ油適量

千切りの材料で、かき揚げにします。油はβグルガンの吸収をよくします。

味噌と一緒に取るのもいいので、味噌汁もおすすめ。

指組み

  1. 指の第1関節を外側から組む。
  2. 生卵を包むイメージで組んだ手を丸める。

冷え性改善。1回1分、冷えを感じた時に行いましょう。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年3月24日放送。 季節の変わり目は要注意! テレビを観ながら健康診断 病気の危険度チェックSP! 糖尿病専門医・泰江慎...
2018年5月7日放送。 密着!血糖72時 3時間SP 3日間血糖値測定値をつけてもらい、芸能人の血糖値を計測しました。 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告