世界一受けたい授業「妻のトリセツ」第2弾!喧嘩しない夫婦の秘訣は?

夫に背を向ける妻

2019年6月15日。

「妻のトリセツ」が大ヒット。

新婚当時はラブラブでも、10年もたつと喧嘩に…。

男女は相手に自分と同じを求めるから喧嘩になります。

自分の意見を相手に押し付けるからですね。

黒川伊保子先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

夫婦ケンカを防ぐには?

女性はコミュニケーションが上手で群れで、群れで子育てをするため、共感能力が高くなりました。

男性は家族を守るため、空間認識能力が高くなり、身近なものに気を配れなくなりました。

なかなか夫婦の会話がかみ合わないのは、このためなのですね。

妻への共感

女性は問題解決の言葉は求めていません。

女性に共感することが大事。

女性のイライラを軽減できます。

帰りが遅くなった時「仕事だったからしょうがない」と言うのはダメ。

「心細い思いをさせてごめんね」と言いましょう。

共感とねぎらいの気持ちを忘れずに。

女性の話を終らせるには?

興味のない女性の話を男性が聞くのがきつい時。

「君は?」と話をふりましょう。

女性自身の話に展開させると、女性が嫌な気持ちにならずに早く話が終わります。

女性は最終的には自分の話に落とそうと思っているのです。

妻をイラっとさせるNGワード

妻を手足のように使う言葉「コーヒー」「飯まだ?」などはNG。

私はあなたの家政婦じゃない!!と思われてしまいます。

掃除中「もう疲れたもう嫌だ」という妻に「嫌ならやらなきゃいいじゃん」はNG。

ねぎらう感謝の言葉を伝えましょう。

ぼっーとしている夫に話を聞いてもらうのは?

呼びかけ、3秒まって話しましょう。

男性はぼーとしている時、音声認識の機能を切っています。

男性は話をする準備に約3秒かかるのです。

まとめ

夫婦のすれ違いは、男女の考え方・感じ方の違いからってことでしょうか。

妻が夫に絶望する言葉は、

  • 今日何してたの?
  • 言ってくれればやったのに。
  • おかず、これだけ?

世の旦那さんたち、覚えはありませんか?

詳しくはこちらへ。

世界一受けたい授業「妻のトリセツ」黒川伊保子の夫婦円満のコツ

「妻のトリセツ」

妻との上手な付き合い方とは。女性脳の仕組みを知って戦略を立てよう!

「妻が怖い」「妻の顔色ばかりうかがってしまう」「妻から逃げたい」という世の夫たちが、家庭に平穏を取り戻すために必読の一冊。

著者の黒川伊保子さんは、人工知能研究者、脳科学コメンテイター、感性アナリスト、随筆家。

話題のベストエラーです。

よかったらこちらもどうぞ。

ザワつく金曜日「妻のトリセツ」夫が妻を絶望させる5つのセリフとは?

世界一受けたい授業「メモの魔力」前田裕二のメモの取り方は?



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告