世界一受けたい授業ヨシタケシンスケ&又吉直樹が絵本解説!大人もグッとくる作品は?

絵本を見る親子

2022年8月20日

世界一受けたい授業 ベストセラー作家大集合SP!

又吉直樹先生が選ぶ、大人もグッとくるヨシタケシンスケ先生の絵本

人間関係に悩む大人に読んでほしい絵本とは?

紹介された絵本をまとめます。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 又吉直樹 ヨシタケシンスケ

ヨシタケシンスケ先生の代表作

『りんごかもしれない』

ヨシタケシンスケ先生の初めての作品。

男の子がりんごを見て、○○かももしれないと色々考えます。

先生が、好きな要素だけで作った絵本。

子どもの頃の自分を読者と想定して、自分が嫌いなものは入れないことを意識して作品を作るそうです。

『つまんない つまんない』

ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞。

男の子が、「つまんない」について考える絵本。

大人も考えさせられます。

又吉先生が選ぶ大人もぐっとくる絵本

『ころべばいいのに』

発想えほん第4弾。

きらいな人がいてもいいんじゃない!ヨシタケシンスケ流こころの処方箋。

憎しみで困っている人が楽になるのでは?

又吉さんオススメポイント
どーしても嫌いな人って、なにかに操られているんじゃない?という気づきが素晴らしい。人間関係に悩む大人にぜひ読んでほしい本。

『かみはこんなにくちゃくちゃだけど』

両開きで一つのストーリー。

見開きの左はポジティブ、右はネガティブ。

どちらから読むかで印象が変わります。

又吉さんオススメポイント
”希望をもつのは自由”という気持ちにさせてくれる絵本。

『このあとどうしちゃおう』

「死」がテーマ。

おじいちゃんをなくした男の子が、「このあと どうしちゃおう」と書かれたおじいちゃんのノートを発見。

又吉さんオススメポイント
恐怖や寂しさを、想像力で乗り越えていく手本。優して面白くて素晴らしい絵本。

まとめ

世界一受けたい授業 ベストセラー作家大集合SP!

又吉直樹先生が選ぶ、大人もグッとくるヨシタケシンスケ先生の絵本をまとめました。

ヨシタケシンスケ先生は、読み終わった後に、子どもがきょとんとしてしまうような内容、謎が残る本がいい本だとお話ししていましたよ。

お二人はコラボの本も出版。

その本は』は、22万部突破。

お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹さんと、大人気の絵本作家ヨシタケシンスケさんによる、抱腹絶倒・感涙必至の本の旅!

ヨシタケシンスケ先生は、1973年神奈川県生まれ。

筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。

2013年『りんごかもしれない』で絵本作家デビュー。

受賞歴

  • MOE絵本屋さん大賞第1位
    『りんごかもしれない』
    『もう ぬげない』
    『りゆうがあります』
    『なつみはなんにでもなれる』
    『おしっこちょっぴりもれたろう』
    『あつかったら ぬげばいい』
    『あんなに あんなに』
  • 第61回産経児童出版文化賞美術賞
    『りんごかもしれない』
  • 2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞
    『The Boring Book』(『つまんない つまんない』英語版)

現在、大規模展覧会開催中。

ヨシタケさんの「頭のなか」を見ることができる展覧会。ヨシタケシンスケ展かもしれない

発想の源を探るスケッチ約2000枚が公開されています。

世界一受けたい授業はこちらがオススメです。

2020年5月16日 芥川賞作家又吉直樹先生オススメ、親子で読みたい絵本が紹介されました。 総売り上げ400万部以上、子...
2019年1月22日(火)「マツコの知らない世界」 ~読み聞かせ絵本の世界~ 1500冊の絵本を持つ主婦・内田早苗さんが...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする