世界一受けたい授業 斎藤孝の語彙力「なるほど」を言い変えると何?

顔に手を当てる女性

言葉が変われば印象が変わる、人生を豊かにする語彙力

社会人に聞いた気になる他人のマナーの1位は「言葉使い、敬語の使い方」。

使いこなせる言葉の数=語彙力が大事!

この記事では、2018年4月28日放送「世界一受けたい授業」から、明治大学教授 斎藤孝先生の授業をお伝えします。

大人の語彙力大全」は読んでみました。

感想も追加でまとめているので、参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 斎藤孝の先生の「語彙力」

「なるほど」

「なるほど」を連発する人は要注意。

言いすぎると「話聞いてる?」と思われてしまいます。

また、目上の人に使うと常識がないと思われます。

こんな言葉で言い換えましょう

  • 「おっしゃるとおりです」
  • 「もっともです」
  • 「異存はございません」

言葉の言い変え

かっこいい

  • スタイリッシュ
  • スマート
  • 小粋
  • シック
  • いなせ
  • 眉目秀麗(びもくしゅうれい)

「眉目秀麗」は、清潔感のある爽やかな男性の顔立ちを意味します。

優しい

  • 温和
  • 包容力がある
  • 親身
  • 思いやりがある
  • 世話好き
  • 目端が利く

お金持ち

  • 大富豪
  • 資産家
  • ハイグレード
  • セレブリティ
  • 資産が潤沢
  • うなるほど金がある

こんな言葉、言えますか?

  • 女性の美しさをほめる時は「目にも綾(あや)な姿」
  • 華麗なパフォーマンスには「大向こうをうならせる演技」
  • 女性の歌声をほめる時「鈴を転がすような声」
  • 女性のぱっちりした目をほめる時「鈴を張ったような目」
  • 女性の肌の白をほめる時「雪を欺く肌」
  • 栄養豊富は「滋味の富む味わい」
  • いい香りは「馥郁(ふくいく)たる香り」

まとめ

なかなか難しい言葉が、多く出てきましたね。

「大向こうをうならせる」の「大向こう」は芝居の立見席のこと。

芝居通が立ったので、一般の人だけでなく、通もうならせるくらいのいい演技ということです。

でもいきなりスポーツ中継でコレ言われたら「?」ってなりそうですが。

また今、若い人の間で「語彙力」は流行っているそうです。

ホントかな?と思っていたら、こんな記事をみつけました。マイナビティーンズラボ

10代女子が選ぶ2018年流行りそうなコトバ 「語彙力」は2位。

「語彙力が無い」や「語彙力が乏しい」の意味で使うのですって。

大人の語彙力大全

kindleで「大人の語彙力大全」を買って読んでみました。

一般語彙、カタカナ語彙、上流語彙と分かれて、大人が知っているべき語彙が載っています。

一般語彙は、まあまあわかるのですが、カタカナ語彙の中には初耳のものも多かったです。

例えば「クオリア」の意味、みなさん、ご存知ですか?

意味が「感覚的体験による質感」で、例文が「金木犀の甘い香りというクオリアが感じられる」なんですが、聞いたことないなあ。

上流語彙は夏目漱石の小説に出てくるような言葉なので、使いこなす現代人がいたら変わり者かも。

例えば「糊口」って読めますか?

「ここう」と読んで、意味は「生計」です。いやいや、これはわからないでしょ。

一般語彙も、たまに見たこともない言葉が出てきました。

「半畳を入れる」の意味は、「他人の言動の非難の言葉をかける」って、知らないなあ…。

また、「無礼講」の意味は「地位の上下関係なく楽しむ宴」

それは知っていましたが、こんなことも書かれていました。

会社の飲み会で、「今日は無礼講でいこう!」という上司がいますが、決してその言葉を真に行けてはいけません。本当に無礼講だと思って、敬語を使わなかったり、親しげに名前を読んだり、挙句の果てには酔っぱらって肩を組んだりしたら、翌日から会社に行きづらくなるのは目に見えています。かといって、畏まったままでいるとノリが悪いと思われるので、いつもより少しテンションをあげるくらいにしておきましょう。

言葉の意味を説明しつつ、社会ではこう使う、こうとらえる、というアドバイス的なことも載っています。

言葉の意味を知る以上に、社会では言葉の使い方が重要かもしれません。

現実的、実践的な語彙力の本です。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年8月29日 世界一受けたい授業 おとめ六法 女性のあらゆるトラブルを解決! お見合いサイトに修正しまくり...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする