世界一受けたい授業 細田守監督が教える観てほしい5つのアニメとは?

アニメ青空

2021年8月14日

世界一受けたい授業 

細田守監督が選ぶ、今、絶対に観てほしい5つのアニメ

公開中の映画「竜とそばかすの姫」で、原作・脚本・監督を務めた細田監督。

自分の作品以外で、おすすめの5つのアニメを教えてくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

細田守監督が選ぶ、今、絶対に観てほしい5つのアニメ

赤毛のアン

1979年 世界名作劇場で放送

第一話で、主人公を印象付ける方法がスゴイ!

養子として引き取られるアンは、馬車の上でしゃべり続け、第一話で新しい家到着しない。

ずっとしゃべり続けるアンを印象付けています。

客観的に物語を描くことで、主人公目線に慣れず、状況を受け止めることができる。


マシュウ・カスバート驚く

劇場版 エースをねらえ

出崎統監督の代表作。

テレビアニメ半年分を、90分にまとめる工夫がスゴイ!

注目は、高校テニス部、厳しすぎる練習をやめるようコーチに先輩が進言するシーン。

前振りをそぎ落とす演出は唐突に見えて、観終わったら二人の気持ちがわかると言います。

映像を止める、画面を分割するなどの演出は、出崎演出と呼ばれている。


劇場版 エースをねらえ! [Blu-ray]

機動戦士ガンダム

ガンダムを乗り物として表現する演出は、ガンダムにかかったビニールシート。

アムロが初めてガンダムに乗り込むとき、かかっていたビニールシートをとるシーンがあります。

ガンダムが感情あるロボットではないと宣言しているアイデア。

一見必要がないようなシーンを入れることで、リアリティーが増す。


第1話 ガンダム大地に立つ!!

劇場版 銀河鉄道999

1979年 りんたろう監督の作品

戦闘シーンの描き方が新しい!

戦闘シーンでも美しい。独創的でキレイ。

監督曰く「いまだにこれを超える戦闘シーンを見たことがない」


銀河鉄道999

ルパン三世 カリオストロの城

宮崎駿さんの映画初監督作品。

実写ではできない、アニメならではのシーンがスゴイ!

車を走らせるシーン、ルパンが屋根を駆け降りるシーンなど。


ルパン三世 カリオストロの城

まとめ

細田守監督が選ぶ、今、絶対に観てほしい5つのアニメ

5つのアニメは、全て1979年の作品。

当時小学6年生だった細野監督は、卒業のコメントで「ぼくは、アニメーションのディレクターになりたいと思います」という文章を残しています。

まだ小学生で、すごいですね。

細田先生の作品には、入道雲が必ず描かれています。

全て公開時期が夏なので、季節感があるものを入れたそうです。

桃の旬が短く、映画の公開期間も短いので、を選んだそうです。

竜とそばかすの姫」にも桃は登場します。

公開27日間で、興行収入42億円の大ヒット。

カンヌ国際映画祭でも上映。14分間もスタンディングオベーションを受けました。

インターネットの世界はコンピューターで描き、現実世界は手で描かれています。

1991年版「美女と野獣」が好きだと言う監督。

インターネットの中で「美女と野獣」をやるのが、「竜とそばかすの姫」一番最初のアイデアだったとお話しされました。

この作品は音楽にもこだわり、世界中から募集した3000人の声で合唱のシーンが作られています。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年5月4日 林修の今でしょ講座 東大生ランキング 現役東大生500人に聞いた、勉強になるアニメベスト20大発表 ...
世界一受けたい授業は、日テレで毎週土曜日夜放送。
古今東西の有名講師が登場し「使える学問」を講義。目からウロコの授業を受けられる学校です。
見逃した方は、Huluで配信されていますので、ぜひチェックしてみてください。

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする