世界一受けたい授業 DIY健康診断でセルフチェック!口輪筋はあいうべ体操で鍛えよう

白衣の先生のイラスト

2020年3月7日

隠れた病気がわかる、自分でできる健康診断

Do It Yourself(自分でやる)健康診断

久保明先生の授業です。

早期発見のヒント。良くない結果が出たときは病院で検査しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大

DIY健康診断

腱鞘炎チェック

  1. 腕を伸ばし、親指を内側にして握る
  2. 手首を小指側に曲げる
  3. 痛みが出る人は要注意。

スマホを長時間使う人は、ドケルバン病=スマホ腱鞘炎に気をつけましょう。

片方の親指だけで操作することで親指を酷使することで、腱鞘炎になります。

腱鞘炎の時は、以下の対応を。

  • 親指だけでなく他の指も使う。
  • 親指をテーピング。
  • 痛みがひどいときは、鎮痛剤などを使う。

前立腺肥大チェック

  • 排尿時間は長くて30秒が目安。

それ以上かかると、加齢や肥満のため、前立腺が肥大してなる前立腺肥大症の可能性があります。

体調にもよるので、1度くらいは気にしないこと。

短い排尿でも、2時間以内に数回行くことが続くときは、泌尿器科へ。

脳卒中チェック

  • 力を入れず舌をまっすぐに出す。
  • 左右にずれたり、けいれんが起きたら要注意。

脳の血管が詰まったり、破れたりする脳卒中の兆候があるか見ます。

脳卒中の兆候があるとき、舌の筋肉の働きが弱くなります。

しゃべり方、口のゆがみ、両腕をあげると腕が下がるなども、脳卒中のセルフチェックになります。

口輪筋チェック

  1. 100㎖の水が入った、500㎖のペットボトルを用意。
  2. 唇だけでくわえ、10秒キープ。

口輪筋が衰えると口呼吸になり、ウイルスが体内に入りやすくなります。

加齢により口の機能が衰える「オーラルフレイル」になると、飲み込む力が衰え、誤嚥性肺炎の危険も。

口輪筋は「あいうべ体操」で鍛えましょう。

あーいーうーべーと、口や舌を大きく動かして声を出します。1日30回が目安。

肺疾患チェック

  1. 左右の人差し指を曲げる。
  2. 爪を向かい合わせでつける。
  3. 爪の間にひし形の空間ができているか確認。

すき間ができず、爪がくっついてしまう人は、肺がん、気管支拡張症などの肺疾患の可能性があります。

ばち指と呼ばれる指のふくらみは、肺疾患によって発症し、爪の間の隙間がなくなります。

脳梗塞チェック

  1. 同じコップ2つと水を用意。
  2. 1つのコップのふち、すれすれまで水を入れる。
  3. 両手で2つのコップを持ち、水をカラのコップに移す
  4. 水がこぼれないように、6回繰り返す。

水が9割以上残っていないと要注意。

脳梗塞は脳血管が詰まり、脳神経細胞への血液が滞り、手足などに運動マヒが起こります。

家で簡単にできるチェックばかりでしたね。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年2月8日 今から始める花粉症対策 花粉症になりやすい人は、ストレスを感じやすい人。 ストレスを感じると、...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする