世界一受けたい授業 アルツハイマー病日本人向け改善予防法!初期は9割治る⁉

おじいさんイラスト

2019年11月30日

カルフォルニア大学名誉教授 デール・ブレデセン先生の授業です。

初期のアルツハイマー病は9割が改善すると言います。

生活習慣の改善で脳へのダメージを軽減させます。

今回は特に、日本人のための治療法を教えてくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 アルツハイマー病改善予防法

アルツハイマー病とは?

炎症などの脳のダメージによって、アミロイドベータという脳のゴミが発症します。

そのため脳が委縮し、働きを低下させてしまいます。

アミロイドベータは、生活習慣の改善で抑えられると言います。

現在120人が治療し、9割近くが改善傾向にあります。

治療の9個の軸

  1. 夕食から朝食の間を12時間絶食
  2. 毎日有酸素運動+軽めの筋トレ
  3. 1日の睡眠は7~8時間
  4. ストレスは最小限に抑える
  5. 脳トレーニングを行う
  6. 歯の治療
  7. なるべく自然の食品を摂取
  8. 腸内環境を整える
  9. 天然系の製品を使う

日本人向け改善法

生活習慣

  • 睡眠時間7~8時間が難しい方は、朝起きる時間を一定にすること。
  • 起床後はすぐにカーテンを開ける。日光浴でできるビタミンDはアルツハイマーを予防。朝に3分以上太陽を浴びること。
  • 朝一番に緑茶でうがいする。カテキンが脳への最近の侵入を防ぐ。
  • 掃除してカビを吸い込まないようにする。
  • 毎日日記をつける。
  • 歯磨きは両手で行う。

食生活

  • 発酵食品(みそ、しょうゆ、納豆など)で腸内環境を整えると、栄養の吸収率を高める。
  • 青魚(いわし、さばなど)のDHAは、脳の神経細胞を活性化。週に2回は食べる。
  • 間食にはナッツや豆類。血糖値を上げにくく、記憶力アップの成分が含まれる。
  • 酒を飲むなら赤ワイン。ポリフェノールが含まれるため。
  • 野菜は大根、葉物野菜、サツマイモがおすすめ。

運動

  • 脳トレ逆読みウォーキング(言葉をさかさまに言いながら歩く、ブタ→タブ、スイカ→カイスなど)

前回の授業はこちらへ。

2018年5月5日放送。 日本に迫る7つの危機ランキング! 2時間SP! 1位は認知症 初期のアルツハイマー病の90%が良...
最後まで読んでいただきありがとうございます。ブログの公開・更新はTwitterでつぶやいています。よかったらフォローお願いします。ふう@FuuNikki



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告