世界一受けたい授業、デザイナー佐藤オオキの世界を変えるデザイン

デザインイメージ

2018年4月28日放送。

世界的デザイナー・佐藤オオキ先生の授業。

Newsweek「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれたデザイナー。

イギリスの博物館や、ニューヨーク近代美術館には、デザインした椅子が展示されています。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界を変えるデザイン

災害時に役立つトイレの便座 minimLET

傘カバーが持ち手の中にしまえる傘 cover-brella

バックなるラッピング giftote-bag

丸めると懐中電灯になる紙 PAPER TORCH

今までにないスプーン

生徒と一緒に、今までにないスプーンをデザインします。

有田君が考えたのは、真ん中が和紙で、食べにくいのでダイエットになるもの。

有田君デザインを元に、3Dプリンターで試作品を作りました。和紙部分は使い捨て。

別に佐藤先生が考えたデザインは、花形の穴があいたスプーン。

すくえる量が減って、ダイエットになります。

不便が便利になるって発想が、スゴイですね。

先生が「やられた」と思うデザイン

インド 思わず捨てたくなるゴミ箱

ごみ箱の内側が鏡張りで、万華鏡になっています。

ごみ収集量が1週間で2倍に。

イギリス 廊下を走りたくなくなる床

本当は平らなのに、地面が凹んでいるように見える床。

鏡の国のアリスからインスピレーションを受けた、トリックアート。

佐藤オオキさん(40歳)

2002年、早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了。デザイン事務所「nendo(ネンド)」設立。

プロダクトデザイン、インテリアデザイン、建築、グラフィックデザイン、企業ブランディングなどで活躍。

事務所はいたってシンプル。服装も毎日同じ服。デザイン以外のことは考えたくないとお話されていました。

大阪・天理駅前にデザインした広場は、古墳をイメージしたもの。集客数は数十倍になったそうです。コフフン

左右上下、どこからも開けられるスーツケース(プロテカ360s)もデザインしています。

佐藤オオキさんの本



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告