金スマ・医者が教える正しい食事術第4弾!納豆・ヨーグルト・キムチの食べ方

キムチ

2019年7月26日

中居正広の金曜日のスマイルたちへ

80万部突破「医者が教える正しい食事術」

魚卵で痛風にならない、牛肉×赤ワインは損?

良かれと思っていやっていたのが、実は間違いだったとか。

今までの食事の常識が変わるかも⁉

牧田善二先生の「医者が教える正しい食べ方」第4弾。

美容や健康に興味がある主婦のアンケートをもとに、ランキング形式で発表。

スポンサーリンク
レクタングル大

実は間違いだった食事術ランキング

1位 にんにくをそのまま食べても疲労回復効果ゼロ!

にんにくに含まれるアリシンは、疲労回復効果があるビタミンB1の吸収を良くしてくれます。

ただしアリシンは細胞壁を破壊しないと出てこない栄養素。

にんにくを丸ごと料理してそのまま食べても、アリシンを摂取できません。

アリシンは熱してしまうと出てこない成分なので、生のうちに切ったり、すりおろしたりして食べましょう。

2位 肉と一緒に赤ワインを飲むと不足がちな栄養が妨げられる

赤ワインに含まれるタンニンは、肉に含まれる鉄分の吸収を阻害します。

タンニンはポリフェノールの一種で、赤ワインに多く含まれます。

鉄分とタンニンは結合し、水に溶けない不溶性物質となり体内に吸収されません。

鉄分は、赤血球を作るのに必要な栄養素。特に女性は不足ぎみ。

不足すると、貧血やイライラ、集中力の低下などを引き起こします。

肉に含まれる鉄分をとるなら、タンニンを含むものを1時間後にとるのがおすすめ。

鉄分不足の人は、吸収を助けてくれるオレンジジュースがおすすめ。

3位 キムチは汁まで使わないと腸内環境的にもったいない

キムチの汁には、乳酸菌が多く含まれています。

乳酸菌の量はヨーグルトと同じくらい。1gあたり約5~10億個。

キムチのつかった汁には乳酸菌が溶けだすので、乳酸菌量は、具と汁で1:10。

汁の方が乳酸菌が多いのです。

乳酸菌は大腸がんの予防や、体内の免疫を保つ効果が期待できます。

乳酸菌は熱に弱いので、余った汁にマヨネーズとりんご酢などを混ぜて、ドレッシングにするとよいでしょう。

めんつゆにキムチ汁を混ぜるのもオススメ。

キムチは漬物の中では塩分は少ないので、あまり気にしないでいいそうです。

4位 痛風になるためにビールや魚卵をさけるのは意味がない

痛風の原因はプリン体。

プリン体は、食べ物から得るプリン体よりも、常に体内で作りだされる方が多いのです。

体内で作られるのが8割、食事の影響を受けるのが2割。

そのため、プリン体をとっても控えても、あまり関係がないと言います。

痛風の一番の原因は体質。

8割の患者が食べ物とは関係なく痛風になっています。

プリン体は肝臓で尿酸に変化、体質的に尿酸の排出力が弱いと痛風になりやすいそうです。

痛風予防に良いのは、牛乳。

タンパク質が尿酸の排出を促します。

1日1杯でも効果あり。他の乳製品でも効果が期待ができます。

他の間違い食事術

頭を働かせるため甘い物を食べるのは逆効果

甘い物には脳の栄養・ブドウ糖が多く入っていますが、実は甘い物を食べると集中力が下がります。

一度のたくさんの糖質をとると、低血糖の状態になるためです。

甘い物をとって血糖値が急上昇すると、体は糖を分解し、基準より血糖値が低くなります(反応性低血糖)。

血糖値が急降下すると、脳の活動が鈍り、眠気に襲われることもあります。

納豆に卵を入れると栄養大損

納豆に卵は入れない方が良そうです。

卵白にある「アビジン」というたんぱく質が、「ビオチン」の吸収を阻害します。

「ビオチン」は納豆に含まれる、美肌効果のあるビタミンBの一種。

体内のコラーゲン生成の補助や、頭皮の血行を促進させます。

ヨーグルトは食後に食べないと効果がない

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、整腸作用、便秘解消、ダイエット効果があり、体に良いもの。

ビフィズス菌は胃酸に弱いので、食前にヨーグルトを食べても胃酸で菌が死んで死んでしまいます。

食後は胃酸が中和状態なので、ビフィズス菌が死なないで腸まで届く可能性が高まります。

ヨーグルトを食べる前に、アルカリ性の野菜を食べましょう。

「医者が教える食事術 最強の教科書」

よかったらこちらもどうぞ。

2018年11月2日放送「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」 カロリーと肥満は関係ない。 太るのは、カロリーよりも糖が問題。 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告