マツコの知らない下水道の世界、写真家白汚零&官僚阿部千雅が魅力を語る

2018年5月15日放送。

マツコの知らない世界「下水道の世界」

下水道カメラマンの白汚零(しらお れい)さんと、キャリア官僚の阿部千雅(あべ ちか)さんが登場。

マツコさんいわく、「二人とも病気です」

スポンサーリンク
レクタングル大




何故下水道が好き?

白汚さんは、下水道の世界では知らない人はいないレジェンド。

人に見られないものを公に出すことが快感だそうです。

阿部さんは、バクテリアに癒されるとか。

バクテリアが下水をきれいにしてくれます。

バクタリアは油が苦手。だから油を流してはいけません。

最後、バクテリアは高温で溶かして固めて、最後は墓石になります。

下水道ベスト3

1位 高さ30mの螺旋が美しい、柳瀬幹線

東村山市のとある道路。

30mの落差を緩和するために、螺旋形になっています。

2位 明治時代から今も現役、神田下水

明治17年に作られた東京初の近代下水道。

617mが今も残っています。

3位 豊臣秀吉が作った下水道・太閤下水

石積みの下水道。明治時代に改装されているものの、今でも現役。

どうやって写真を撮るの?

下水道の撮影の様子を見せていただきます。

体に害のある硫化水素検知器を装備して、地下に潜ります。

マンホール一つを開けるのに、下水道局員、自治体職員、警備員など約15名が参加。

新宿2丁目17番地の下水道は、古くて煉瓦作り。

和田ポンプ施設では、50m、地下13階分下ります。

和田弥生幹線は直径8.5m、長さ2.2㎞の貯留管。

幻想的な写真が撮れました。

白汚零さんの本

日本で唯一の下水道カメラマン。

公式サイトはこちら→RayShirao

25年にわたって「下水道」を撮り続けている写真家。

東京都下水道局の協力を得て、深層部の下水道から開通前の最新水路まで、さまざまな場所を撮影しました。


【新品】【本】地下水道 白汚零/著

まとめ

下水道の写真家がいるとはびっくり。

下水道の写真があんなに美しいとはびっくり。

神田下水を少女マンガの理想の男性のようだと語る、キャリア官僚さんにもびっくり。

色々な世界にハマる人がいるのですね。

今回は地下の下水道についてでしたが、マンホールの蓋にハマる人も最近多いみたい。

よかったらこちらもどうぞ。マツコの知らない世界、マンホールの世界!道玄坂、皇居、ご当地のおすすめ



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする