マツコの知らないマッチングアプリの世界!おとうふさんおすすめアプリは?

マッチングアプリ

2020年10月20日

マツコの知らない世界 マッチングアプリビジネスの世界

30種類のマッチングアプリを使い、300人と会った女性、おとうふさんが登場。

30歳女性、職業はマッチングアプリのプロフィール添削。

最近利用者も増え、マッチングアプリ界が盛り上がっている⁉

進化しているマッチングアプリをお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

マツコの知らない世界 マッチングアプリビジネスの世界

自信がついたマッチングアプリ

会員数100万人以上OR結婚・交際率が高いアプリ。

運営会社がメッセージ・画像を24時間監視。

Pairs

おとうふさんがよく使うアプリ。

基本項目(年齢、居住地、学歴、職歴、体型など)を登録。

写真はメインとサブ写真を登録。アプリ側の審査あり。

公的身分証明書を提出

サイト ペアーズ

マリッシュ

シングルマザーの6人に1人が登録

30から40代の利用者も多く、再婚活を支援

Omiai

人気急上昇。

累計マッチング数5000万組以上 結婚願望が高い男女に人気。

真剣にアプローチしてくれる人が多く、交際に発展しやすい。

CROSS ME

GPS機能で、近くにいる人が表示。

自分とすれ違った人や回数がわかる

バチェラーデート

AIに特化。

学歴、年収の審査あり(男性のみ)

AIが自分に合う理想の人を紹介。

サイト バチェラーデート

with

恋愛診断で、相性の良い相手を後押し

Poiboy

女性のみ「いいね」が送れる。好みの男性とマッチングしやすい。

その他

ゼクシィ縁結び

Yahoo!パートナー

経済効果を生むアプリ

タップル

相手の素が見えて楽しい。

オンライン料理合コンを開催。

自宅でオンライン中継しながら、みんなで会話を楽しむ。

自分以外の立ち振る舞いや性格がわかる

事前に食材が産地から自宅に届く(農家の売上アップ)

サイト タップル

いきなりデート

「いいね」&メッセージなし

コンシュルジュが相手と店を決める

全国8都市の飲食店と提携。1か月平均4200組がデート。

飲食店の経済効果は、3億1000万円以上。

非モテを救うビジネスが増殖中

プロフィール添削業

「いいね」を倍増させる、おもちさんのお仕事。

料金 添削6000円~ 作成9000円~

自己紹介文のポイントは、

  • 恋愛の価値観がわかる文章は冒頭にする。最初に好印象を与えます。
  • 仕事は熱意が伝わる文章にする。将来性を感じさせる

プロフィール専門カメラマン

最高に1枚に仕上げる、専門カメラマンが増加。

フォトジョイのカメラマンさんは、プロフィール写真の魔術師と紹介されました。

写真でいいねを稼ぐテクニック

  • 男性は自撮り絶対NG
  • 室内よりも屋外の写真
  • サブに全身写真も入れる
  • 女性は髪形を統一(印象が統一される)

婚活以外のアプリ

AMIPLE(アミプル)

趣味友探しアプリ。

イベント同行者を探すアプリ。 好きなイベントのニュースを配信

農mers(ノウマーズ)

人材マッチングアプリ。

人手不足の農家と、農業をやりたい人をつなぐ

Snow Bell(スノーベル)

除雪マッチングアプリ。

高齢者や忙しくて雪かきができない人と、バイト感覚で雪かきしたい人をつなぐアプリ。

まとめ

おとうふさんいわく、マッチングアプリを使って分かったことは、「合コンは、コスパ的にオワコン」

合コンは1回の出費が平均3900円 参加者数名

マッチングアプリは、1か月平均3500円 参加者数百万人以上

マッチングアプリ市場は、今620億円。5年後には約1000億円になる予想だそうです。

なかなかスゴイビジネスになってきましたね。

婚活以外でも、色々な人と人とつなぐマッチングアプリがあるのですね。

これからも種類が増えていきそうですね。

おとうふさんのTwitterはこちら。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年2月18日 マツコの知らない世界~写真アプリの世界~ SNSや動画サイトの普及に伴い、今や、欠かせない存在となった...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする