マツコの知らないメダカの世界!自宅で飼いたい個性派メダカ

2019年1月22日(火)「マツコの知らない世界」

メダカ専門店を開くために脱サラまでした男性、堀田祐二さんが登場。

意外と知られていないメダカの楽しみ方や、魅力を紹介してくれました。

さらに、地味なイメージを覆すカラフルなメダカも登場しました。

今メダカは、空前の新種ブームが到来中!

スポンサーリンク
レクタングル大

マツコの知らないメダカの世界

メダカの楽しみ方

鑑賞には、上見と横見があるそうです。

上見は、鯉のように色や柄を楽しむ見方。

横見は、ヒレを楽しむ見方。

品種によって、上見がオススメなもの、横見がオススメなものがあります。

ヒレの長さや形に特徴を持つ品種は、横から見るとより美しく鑑賞できます。

メダカの名前は厳しい規則がないので、新種を生み出すと命名できるとお話されていました。

メダカは寿命は2年くらい。

エサを食べるしぐさも魅力。1か月くらい飼うと、エサをやる時に寄ってくるようになります。

幹之(みゆき)

一般的なメダカは50~100円程度。

このメダカは全身に光沢があるので高価。尾びれの付け根やヒレなどに、美しい輝きがあります。

品種改良された当初の値段は、30万円以上。今は一般的になり、約1000円。

ブームの先駆けになった品種。

幹之(みゆき)は、作った方の娘さんの名前だそうです。


青みゆき(幹之)めだか強光〜スーパー光 10匹セット / 青みゆき(幹之)メダカ

三色ラメ幹之(みゆき)

ラメを持ったメダカを掛け合わせた品種。

鯉のように上見(色や柄を楽しむ)がオススメ。


(めだか)三色ラメ幹之メダカ/三色ラメ幹之めだか Aグレード(1匹) 北海道航空便要保温

乙女×ホーネット

ヒレのグラデーションがキレイに均等。

横見がオススメ。

マツコさんは「産卵時の鮭みたい」って言っていました。

現状4匹しかいない貴重な品種。

垂水系ロングフィン

約30種類の新種を生みだした名人・垂水さんのメダカ。

横見がオススメ。

長く伸びたヒレ1本1本が、青く光るのが特徴。

黄鱗(きりん)

黄金に輝く新種メダカ。堀田さんのメダカです。

5世代交配し、一昨年生まれたばかりの新種。

白や青で光る幹之を、金色に光らせています。

上見がオススメ。

紅帝

とことん紅にこだわった、愛知県大和裕也さんの品種。

メダカ組合の品評会で、日本一に2度輝きました。

紅帝をより赤くする理由は、昔バンドをやっていてX-JAPANの「紅」が好きだったためですって。

マツコさんが1番気に気に入っていました。「わかりやすく美しい!!」


(生体)★めだか★紅帝★【10匹セット】★本州(山口県省)四国限定

堀田祐二さん

メダカを愛して13年。

日本メダカ協同組合の副理事。

10万匹以上を飼っています。

堀田さんのお店はこちらです。

めだか倶楽部クリーク

愛知県一宮市玉野字東瀬古2023-1

色々なメダカがありましたね。

地味なイメージのメダカが、カラフルになっていてびっくりしました。


(メダカ) 紀州色彩セット 20匹セット + おまけ浮き草付き / ミックス 浮き草 水草 メダカ 淡水魚


テトラ (Tetra) テトラ 静かなメダカ飼育セット SF-17KF


メダカの飼い方と増やし方がわかる本



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告