マツコの知らない世界、親子丼の進化系!玉ひで&炭焼笑店陽&とん唐てん

2018年2月20日放送。

全国丼連盟理事。300種類以上の親子丼と出会ったOL、伊藤光さんが登場。

ひとくち目はご飯と具を1:1のバランスで食べるのが、伊藤流ですって。

スポンサーリンク
レクタングル大




なか卯一強時代が終焉!?

なか卯

全国461店舗展開のチェーン店。

親子丼のチェーンはずっとなか卯だけでした。牛丼などに比べて、火加減や設備が難しいためです。

2017年7月から、鶏肉の量が25%増えました。嬉しい値段据え置き。

親子丼並 490円

丸亀製麺

全国787店舗展開のうどんチェーン店。

320店舗で親子丼を出しています。注文したら、目の前で作ってくれます。

親子丼 390円

コンビニ

なか卯にせまるコンビニ親子丼。

セブンイレブン 特製親子丼 450円

ファミリーマート だしが決め手!ふんわり玉子の親子丼 430円

親子丼の地域性

関東風親子丼は、鶏肉と玉ねぎを卵でとじた甘辛な醤油ベース。

関西風親子丼は、ねぎを使うことが多く、鶏肉卵をダシで味付け。

玉ひでの歴史が変わる?

日本橋人形町。鳥料理専門店として1760年創業。

1891年日本で初めて親子丼を作った老舗。

親子丼 1500円

東京軍鶏のむね肉ともも肉の2種類を醤油ベースで味付け。

歴史ある、正統派の親子丼です。

昆布だし親子丼 1380円

白米の代わりに五穀米使用。

盛り付けは、玉ひでのマークになっています。

海外留学した次男が、外国人でも食べられる親子丼を提案。

トッピングは洋風のトマト、チーズ。和風はわさび、ごま、だし。

「何これ、大丈夫か?」「もう親子丼ではないわね?」とマツコさん。

和風は「うまい」って。

食べログ 玉ひで

進化系親子丼

炭焼笑店 陽(大阪)

大和肉鶏トロふれ親子丼 880円

ふわふわの食感が楽しめる、見た目も楽しい親子丼。卵白2つ分を泡立てメレンゲ状にしています。

食べログ 難波 炭焼笑店陽

とん唐てん(静岡)

白い親子丼「かまくら」 1728円

季節で親子丼の種類を変えている店。かまくらは冬バージョン。

夏は「冷やし親子丼」、春は「桜バージョン生親子丼」、秋は「ふわふわ焼きメレンゲ親子丼」になります。

湯葉、卵白、軍鶏のだしを混ぜた白い餡が特徴。

薬味とダシをかけ、味の変化を楽しめます。

食べログ とん唐てん

Restaurant La FinS(ラフェネス)

東京新橋

ミシュラン星付き、日本で頂点を取ったフレンチの親子丼?

親子丼は、22000円のコース料理の1品。

グラスを取ると、黒トリュフがのった親子丼

グラスでコンソメスープをいただいた後、親子丼にもコンソメを注ぎます。

食べログ レストラン ラフェネス

調べてみました

お家でなか卯の味

なか卯の親子丼は冷凍品もあります。いつでもお店の味が食べられて便利ですね。

なか卯親子丼の具10パックセット冷凍食品 【NeR】

全国丼連盟

2014年6月10日発足。

会長はお笑い芸人の、とにかく明るい安村さん。

伊藤さんがマツコさんに、丼の蓋の取り方を教えていましたね。

1、左手を添えて「の」の字を書くように蓋を開ける。

2、蓋に垂れている水を丼の横で切る。

これは、全国丼連盟的には「露切りの所作」と言って、失礼のない食べ方らしいです。

水が丼に入ったら、味が薄まっちゃいませんかね?

連盟では、全国丼グランプリも開催しています。

第4回の親子丼部門金賞は、鳥開総本家(愛知県)、道頓堀今井(大阪府)、まごころ手と手(兵庫県)など。

詳しくはこちらの公式サイトで。全国丼連盟

食べてみました

セブンイレブンとファミリーマート。

マツコさんに、是非食べてと言っていたのに、番組では試食させてくれなかったコンビニの親子丼。

両方買って食べ比べてみました。どちらもご飯と具が分かれて入っている、冷蔵弁当です。

セブンイレブン「特製親子丼」きざみのりと七味付き。

ファミリーマート「だしが決め手!ふんわり玉子の親子丼」七味付き。

セブンイレブンは、つゆがたっぷり。ごはんにつゆがしみ込みます。ネギと海苔が入っているのが特徴でしょうか。卵はトロトロ。レンジで加熱して、どうしてここまでトロトロになるのか不思議。

ファミリーマートは、セブンよりもつゆは少なめ。卵と鶏肉が分かれている感じ。鶏肉は大き目。つゆは少ないけれど、ダシはしっかり味わえます。緑はネギではなくて三つ葉です。

私はセブンの方が好み。一緒に食べ比べた家族は、ファミマの方がいいって言ってました。

みなさんの好みはどちらでしょうか?



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする