よゐこVSナスDの0円無人島生活2017!ナスDって誰?勝つのはどっち?

無人島

2017年12月29日、よゐこの無人島0円生活2017

元祖無人島芸人・よゐこ(濱口優&有野晋哉) vs 破天荒ディレクター・ナスD

好評の無人島生活も、今回で15回目。

最低限の水と調味料以外、無人島で0円で2泊3日過ごすサバイバル生活。

今回は濱口優さんが、対戦相手に「ナスD」を指名。

ナスDって誰なんでしょうね?

スポンサーリンク
レクタングル大

ナスDって何者?

友寄隆英ディレクター。通称ナスD。

『陸海空 地球征服するなんて』(毎週土曜 よる9:58~放送)のディレクター。

人気企画『部族アース』で、怖いもの知らずのクレイジーな体当たりアマゾン旅を展開し、一部で話題沸騰となった破天荒ディレクターです。

よゐこ情報によると、デスクワークが苦手。字が汚い。人の心がわからない。

昔キムタクに坂を登らせたり(2009年の木村拓哉の全力坂)、トマト食べさせたり(2010年木村拓哉のトマト生活)したらしいナスD。誰にでも無茶やらせてるんですね。

目標は世界一のディレクター(これは本人談)

よゐこの対戦相手の発表会見で、濱口さんは顔を真っ黒に塗って登場。ナスDを意識しまくり。

友寄隆英ディレクターが「ナスD」と言われるようになったのは、アマゾンで美容にいい言われた「ウィト」という果実を全身に塗りまくり、皮膚が青黒く変色したからのようです。

入れ墨用の果実なのを知らずに、顔全体に塗ってしまい、肌がナス色になってしまったのでした…。

アマゾンの水を飲んで「甘い」と言ったり、生魚をそのまま食べたり、その辺の芸人よりもずっと面白くて破天荒なお方…。

元々、濱口さんにモリを教えたのも、ナスDだったそうです。

今回はよゐこも、「胸を借りるつもりで」って言ってました。

よゐこの無人島生活

よゐこVSナスD

よゐことナスD、それぞれ無人島生活を送り、スペシャリストと専門家がそれを判定しました。

住まいはブルーシートでも、しっかり美味しい料理を食べまくるよゐこ。出汁が出まくったお味噌汁はすごく美味しそう。

ほとんどのシーン、漁か料理か。エイとの闘いはすごかったですね。

食べきれない魚は持ち帰って、忘年会に使うのですって。ホントに?

私は、無人島生活でカメノテってものを知りましたが、無人島じゃなくても、珍味として食べるのですってね。

一方。

休憩なし食事なし。一人で住まい造りに没頭するナスD(サワガニは生でガリガリ食べてましたけどね)

2泊3日しかいないのに、3日かけて完成させるの?

住まいを作る場所の草刈りだけでも何時間。ちょっと刈り過ぎでしょう?草刈りが楽しすぎてやめられないって、この人、ホントにディレクターなんでしょうか???

匠が作った「まあなんということでしょう」的なお家。 本気すぎるわあ。

漁に出ても、スゴイ深く潜って素手でヤガラをゲット!

死闘の末とったタコは、生きたままそのまま丸かじり!

ワイルドすぎます。ホントに朝日テレビの社員なの?

無人島生活の始まりって?

毎度おなじみ、無人島名物ちねり時間に、濱口さんがナスDとの思い出を語ります。

節約生活の時、ライブの稽古に出かけるという濱口さんに対し、節約中だから行ってはいけないと止めるナスD。若かったからか、かなり激しいやり取りをしたみたい。

結局止めても外出した濱口さんでしたが。

無人島連れて行けば途中で外に出れないよね?ってことで、無人島生活の企画ができたのだそうです。確かに島に行ったら、終わるまで帰れない。なるほどなあ。

その無人島企画で、そのナスⅮと対決なんて、なんだかすごいですね。

審査員のジャッジは?

探検家の小松由佳さん、高橋大輔さん、阿部雅龍さんが勝負を判定。

今回の勝負は、73対27で、ナスDの圧勝!

しかも、ナスD1日分 対 よゐこ2泊3日分

ナスDは5人分動き回ってましたからね。タダモノじゃないですね。

まとめ

よゐこの二人の二人も頑張っていましたが、なんといってもナスDの活躍がすごかったですね。

無人島生活が放送された翌年、ナスDがディレクターの番組、『陸海空 地球征服するなんて』でも、ナスDの無人島生活が紹介されました。

ナスDは一人で何役もこなします。

大工・・なるべく島にあるもので家の骨組み作り。家具まで作りました。こだわりすごすぎ。

漁師…海で漁。潜って素手でゲット!

料理人・・見事な手さばき。アジアコショウダイは特に美味しいと満足そうでした。

シンガー…持参のギターで自作の歌を歌っていました。タイトルは「きみに出会えたこと」。かなり上手!

もう表舞台に出ることはないのかな?

また対戦が見てみたいです。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする