ソレダメ!骨を丈夫にする新常識、食べ合わせ&かかと落とし体操

骨を丈夫にする新常識と、骨ホルモンについてお伝えします。

教えてくれたのは、太田博明先生。

山王メディカルセンター・女性医療センターセンター長。国際医療福祉大学教授。骨粗しょう症診療の第一人者です。

2018年5月16日・2019年2月27日の、ソレダメの骨についての内容をまとめました。

スポンサーリンク
レクタングル大

骨の新常識

牛乳は苺と一緒に飲む

牛乳のカルシウムは、40%しか取り込まれません。

イチゴと一緒に飲むとソレマル!

イチゴのクエン酸がカルシウムを包み込むと、腸に吸収されやすくなります。

ココアと一緒に飲むと、食物繊維がカルシウムの吸収を妨げます。

抹茶はタンニンが、牛乳のカゼインと結びつき、カルシウムの吸収を妨げます。

切干大根は干しシイタケと食べる

切干大根のカルシウムは、実は牛乳の5倍。

しかし普通に食べると、20%しかカルシウムが吸収されません。

干しシイタケと一緒に食べるとソレマル。

ビタミンDと一緒に食べると、カルシウムの吸収率が上がります。

天日干しの物の方が、ビタミンDが豊富。機械干しでもさらに1~2時間天日干しすれば、ビタミンDが増えます。

骨を破壊する働きを抑えるのはビール

骨芽細胞は、壊れた骨を修復。

破骨細胞は、古くなった骨を破壊。

20代後半から、修復よりも破壊のスピードが速くなり、骨は弱くなっています。

毎日ビールを100㎖飲むだけで、ホップが破骨細胞を機能を抑えます。

緑茶やコーヒーに含まれるカフェインは、カルシウムを尿と一緒に排出してしまいます。

骨を丈夫にするのは遊園地

ジェットコースターに乗ると、重力がかかります。

重力がかかると、骨に機械的な刺激が与えられ、骨づくりが活発になります。

逆に宇宙で無重力状態になると、骨が弱くなります。

骨を強くするには?

みかんを食べる

骨はカルシウムの材料に、破壊と再生を繰り返し作られます。この時に骨ホルモンも作られます。

みかんに含まれるβークリプトキサンチンは、骨の破壊と再生を促進し、スピードアップしてくれます。

甘いみかんの方が多く含まれます。お尻の皮がボコボコなのがオススメ。

1日3個食べればいいです。

朝風呂に入る

お風呂に入るタイミングが大事。朝に入浴しましょう。

体温が低いと、骨の破壊と再生のスピードが遅くなります。

1日で最も体温の低い朝にお風呂に入ることで、スピードがアップします。

納豆を食べる

骨ホルモンは、ビタミンKがないとうまく働きません。

ビタミンKがとれる日本古来の食べ物は、納豆。特にひきわり納豆がベスト。

ひきわり納豆のビタミンKは、粒納豆の1.5倍、ほうれん草の3.5倍、小松菜の4.5倍。

かかと落とし

骨に刺激が加わると、骨の破壊と形成のスピードがアップ。

オススメの運動は「かかと落とし」

背筋を伸ばし、かかとを上げ、勢いよく下ろします。

頭から指先まで、全身の骨を刺激できます。骨に振動が伝わり、骨ホルモンが出ます。

10回1セット、1日3セットで。

まとめ

ビールで骨が強くなるとは!

嬉しい人も多いでしょうが、飲み過ぎには気を付けてくださいね。

かかと落とし運動は、他の番組での紹介されていました。名医のTHE太鼓判、血糖値を抑える!かかと上げ下ろし運動のやり方

私も歯磨きの時や、料理の時などにやっています。とても簡単。

ただ意外とつま先立ちすると、ふくらはぎが疲れます。私が運動不足過ぎだからかな?

こんな本も出ていますよ。

教えてくれた、太田博明先生の本はこちらです。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告