名医のTHE太鼓判 コンビニ飯健康術!揚げ物やカップ麺にプラスするものは?

2019年5月20日。

便利なコンビニ。

コンビニの食事では栄養が偏るってイメージ、ありますか?

実は買い方や工夫で、コンビニのご飯でも健康になれる!

明日から出来る、コンビニ活用術をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

コンビニ飯健康術

揚げ物+レモン

レモンは脂肪を吸収する成分が多いので、ホットスナックにかけましょう。

レモンをかけて、脂肪対策に。

海藻サラダ+オイルドレッシング

海藻には、疲労回復効果があるβカロテンが豊富。

脂溶性なので、油と一緒の摂ると吸収率が上がります。

ドレッシングは、ノンオイルよりも、オイルが入ったものがオススメ。

カップ麺+カットわかめ

わかめは、糖質の吸収を抑えます。

カップラーメン1個に、カットわかめ5gを入れましょう。

これだけで高血糖の予防になります。

スーパーフード枝豆

タンパク質が不足すると、筋肉が落ち、代謝が悪くなり、太りやすい体になります。

1日の摂取目安は男性60g、女性50g

枝豆は、大豆と緑黄色野菜のいいとこどり。

枝豆のタンパク質は、11.5g(100g当たり)

ミネラル・ビタミンも摂れる、コンビニの健康メニューです。

コンビニの食事にプラスすると、栄養バランスが良くなります。

最強コンビニ飯

全部食べても一食727㎉。

お手軽で栄養バランスが取れています。

主菜

  • チーズ入りハンバーグ 198㎉ タンパク質7.5g
  • 半熟卵 76㎉ タンパク質6.5g

チーズハンバーグの上に、半熟卵をトッピング。

卵は食物繊維とビタミンCをのぞいたすべての栄養が摂れる、準完全栄養食。

タンパク質もしっかりとれます。

主食

  • もち麦入りおにぎり 188㎉
  • いくらおにぎり 214㎉

もち麦は水溶性食物繊維・βブルカンが豊富。糖質の吸収を穏やかにします。

いくらおにぎりは、全ての栄養素が摂れると紹介されました。

いくらにはビタミンDが豊富。海苔にないビタミンDが含まれるので、全ての栄養が摂れると言います。

サラダ

  • 海藻サラダ 21㎉
  • 人参ミックスサラダ 30㎉

海藻と人参で、ベータカロテンがとれます。

コンビニ飯の本

今、コンビニの食事で痩せると話題に。

多くの本も出版されています。

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月20日。 30代、40代にも肺疾患が増加中。 高齢者だけの問題ではありません。 特に筋力が弱い若い女...
2018年7月21日放送。 超一流の料理人がジャッジ! セブンイレブンで、いま絶対に食べるべき本当に美味しい商品はどれ!? ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告