名医のTHE太鼓判 サバ納豆そばの袋包みレシピ&外国人の好きな日本の健康食

サバ納豆そば包み

2018年3月19日放送。

密着、血圧24時! 春の突然死を防げSP

外国人が愛する日本の健康食が紹介されました。

外国人100人に聞いた、好きな日本食ベスト3をお伝えします。

健康日本食を使った「サバ納豆そばの袋包み」の作り方も紹介。

自分でも作ってみましたが、なかなか美味しかったですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

好きな日本食ベスト3

3位 味噌

胃に優しいお味噌汁。

具は豆腐とわかめ、レンコン、ほうれん草、大根、あさりなどなど。

ナンシーさんの味噌汁の作り方

1、自家製味噌をダシで溶く(ダシはかつおと昆布)

2、具は食べる直前に用意。湯葉、油揚げ、すりおろし人参、ネギ。

日本在住ナンシーさんは、味噌や醤油を手作り。

具に火を通さないことで、具本来の味が楽しめます。

2位 豆腐

イタリアの方は、食感がパンナコッタと同じって言っていました。

揚げだし豆腐、湯葉などもあり、豆腐は万能。

豆腐にねぎとレモンをかけるという、外国の方も。

1位 納豆

去年、納豆消費額は過去最高。

納豆の高い栄養価は、世界で注目されています。

職場で納豆巻きを食べる方も。おなかの調子が良くなったそうです。

ロシアの方は、納豆とほうれん草を醤油で炒めるのがオススメですって。この方、来日して納豆を食べていたら、約20キロも痩せたそうです。

苦手な方も多そうそうな納豆でしたが、実は好きな人はハマるのですね。

サバ納豆そばの袋包み

脱・高血圧メニュー

管理栄養士・浅野まみこ先生オリジナルメニュー。

1つあたり塩分0.1g。塩分が薄くても美味しい深みのある味わいに。

健康にいい青魚。缶詰でとるのがオススメ。

小学校の実験で、国語と算数のテストの時に、DHAを摂らせる群と、摂らせない群に分けると、摂らせた群のほうが成績が上がるという話もしていました。

作り方

1、納豆1パック、サバの水煮缶、そば(ゆでそばを刻んだもの)、味噌をかき混ぜる。

2、おいなりさんのように、油揚げに詰める。

3、トースターで5分。焦げ目がつけば出来上がり。

「サバ納豆そばの袋包み」を作ってみました

材料はこの5つ。

  • 油揚げ 2枚
  • 味噌 大さじ1
  • サバの水煮缶 缶
  • 納豆 1パック
  • 茹でそば 1/3人前

味噌とそばの分量は説明されなかったので、これくらいかな~と適当に入れちゃいました。

そばは適当に切って、油揚げも半分に切ります。

材料を全部混ぜます。

袋に詰めて爪楊枝で止めます。具は袋4つに詰めて、ちょうどいい量でした。

オーブントースターで8分焼きました(テレビでは5分でしたが、焼き色を見て3分追加しました)。

これが美味しい♪

健康食なので、味はそれほど期待していなかったのですが、とても美味しかったです。

初めて食べるけれど、なんだか懐かしいような感じ。

何もつけずにそのまま食べても、味はしっかりついていました。

減塩のためには、味噌の量は減らしてもいいかな。また作ろうと思います。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告