酢べジ生活!酢しょうが・酢にんにくレシピ&プロおすすめの酢の使い方

酢ショウガ

2018年9月10日放送の名医のTHE太鼓判

の新常識が取り上げられました。

血圧・血糖値が高めな人におすすめな酢べジ生活と、お酢メーカーおすすめの酢の使い分けをまとめました。

参考にして下さい。

スポンサーリンク
レクタングル大

おすすめ酢ベジ生活

酢べジとは?

酢ベジとは、野菜をお酢に漬け込んだもの

酢と野菜の栄養が手軽にとることができます。

そのまま食べたり、料理に使ったり、アレンジも自在。

血圧・血糖値が高めな人には、毎日の食卓に酢べジを取り入れる酢ベジ生活がオススメ。

お酢と野菜の組み合わせで、以下のような効果が期待できます。

  • 酢生姜…血糖値を下げる効果。
  • 酢たまねぎ…血液サラサラ効果。
  • 酢みょうが…香り成分にリラックス効果。

酢ベジを使ったイワシの南蛮漬けなどもおすすめです。

生姜酢

  • 材料…ショウガ 2~3個(約200g)、酢400㎖
  • 作り方…ショウガは皮ごとみじん切りにして、お酢につける。
  • 食べ方…味噌汁に入れる、パスタソースに使う、カプレーゼにかけるなど。

お酢が血糖値上昇を抑えます。

糖が小腸に届くと、酵素が糖を分解。

酢を一緒にとると、酵素の働きを抑え、急に血糖値が上がるのを押えてくれます。

さらに、しょうがは酢同様、糖類の吸収を穏やかにする効果が期待できます。

酢にんにく

  • 材料…にんにく20片(約200g)、りんご酢400㎖
  • 作り方…皮をむいたにんにくを、レンジで加熱してみじん切り。お酢につけて1か月おくと臭みが抜ける。
  • 1日分の目安…酢大さじ1杯、ニンニク1片。

酢の主成分・酢酸が細胞に取り込まれると、アデノシンができます。

このアデノシンが血管を拡げます。

さらに、にんにくは食べる降圧剤。血管を拡張し血圧を下げる効果があります。

プロが教える酢活用法

酢メーカー「タマノイ酢」で聞きました。

穀物酢

原料は、小麦やトウモロコシなどの雑穀。

さっぱりした酸味で、少しツンとした香りがします。

唐揚げにかけてさっぱりと。

バルサミコ酢

原料はぶどう。コクがあり甘酸っぱい。

カレーに入れると、さっぱりして美味しい。

甘酢のらっきょがいらないかも。

リンゴ酢

原料は林檎。酸味は穏やか。サラダにぴったり。

リンゴポリフェノールが血管を拡張、血圧を下げる効果が期待できます。

食べてみました

私は元々、酢の物大好き。

早速、酢ベジを作ってみました。

とりあえず家にある野菜を切って、酢につけるだけ。簡単ですね。

右は、しょうがのみじん切り+黒酢

真中は、玉ねぎのみじん切り+米酢

左は、人参とキャベツの千切り+リンゴ酢

一晩置いてから食べてみました。

キャベツと人参は、そのまま酢の物として。

砂糖などを使っていないので酸っぱいですが、酸味の少ないリンゴ酢を使ったので食べやすかったです。

しょうがは、水餃子や唐揚げにかけて使いました。お肉もさっぱりして、美味しいです。

玉ねぎは、サラダやシュウマイにかけて使いました。これもさっぱりして、食べやすかったです。

特に揚げ物に酢ショウガや酢玉ねぎはいいですね。

レモンの代わりに、これからはお酢を使っていこうと思います。

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする