ホンマでっか!中谷美紀が人生相談でマジ卍!?舞台が怖くて仕方ない

2018年1月10日の、ホンマでっか!TV

女優・中谷美紀さんの人生相談

舞台「黒蜥蜴」が公開中の中谷さんの悩みとは?

スポンサーリンク
レクタングル大




舞台が怖くて仕方がない

収録はいいけれど、舞台は怖いというお悩み。

これだけの女優さんなのに、意外ですね。

本番前1週間前から、ドキドキして眠れないそうです。

バラエティーは、司会者がほぐしてくれるからなんとか大丈夫だとか。さんまさん得意そうな顔してました。

脳科学・澤口先生

緊張はいいけれど、不安はマズイ。

夜眠りが浅いのは脳科学的に意味がある。嫌な記憶を定着させないための、脳の防御反応です。

慢性的な不安感は脳が委縮し、認知症にもなりやすいと心配していました。

三日間裸で森の中で過ごすといいとも言っていましたが、まさかコレはできませんよね?

心理学・植木先生

合格点ではなく満点を目指すタイプでは?

子どもに満点を取る目標を持たせると、結局成績は上がらないという実験があるそう。

ココとココとココではミスしない、他はミスしてもいいと思う方がいい。

ちなみに植木先生によると、ブラマヨは吉田さんは合格点主義者、小杉さんは満点主義者。マツコさんも合格点主義者。

また、心の中に比較している自分がいる。

比較される情報は耳に入れないで、緊張する要因を減らすといいとも。

中谷さんの話では、顔だけなら柴咲コウさんに似ているとよく言われるそう。間違われて「柴咲コウ」でサインしてこともあるそうです。貴重なサインかも。

生物学・池田先生

悪口を言われるのが嫌いな人は、完璧に見せたがり怖くなる。

舞台に友達が来るのがわかって、緊張でセリフが言えなかったこともある中谷さん。友達の前で実力以上のことをしようとして緊張しやすくなります。

また、仕事が嫌。でも嫌なことがやるのが仕事。長続きするし伸びるという話もありました。

経済学・門倉先生

中谷さんのファンで徹夜で作品を見て、目が充血していました。

目を見て話す人は、詐欺にあいやすいという話に、中谷さんもびっくり。

消極的な人は嫌われたくないため、考えを読み取ろうとして先に目線をそらせない。積極的な人の話のペースに飲まれてしまうそうです。

疲労・梶本先生

トコトンダメな男を付き合ってみる。

内面のメンタルの弱さを見た時に愛情が深まるもの。

その経験があると、自分の内面の弱さを好きになれる。

印象・重森先生

自分が絶対言わないリアクションを練習をしよう。自分を解放するトレーニング。

違う自分に慣れると、失敗が怖くなくなるかも。

面白い話を聞いたら、女子高生のように「マジ卍!?」とかいう練習がいいのですって。本当かな?

中谷美紀さんの作品


阪急電車 片道15分の奇跡 [ 中谷美紀 ]


第1話 スパルタ恋愛術で幸せをつかみ取る!


利休にたずねよ [ 市川海老蔵 ]



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする