ソレダメ!地曳いく子著「服を買うなら捨てなさい」の3つの質問

服を買うなら捨てなさい

2018年1月10日「ソレダメ!~アナタの常識は非常識~」

ベストセラー本から読み解く!

地曳いく子さん著「服を買うなら、捨てなさい」が取り上げられました。

3つの質問で読み解きます

スポンサーリンク
レクタングル大

「服を買うなら、捨てなさい」の3つの質問

Q.コーディネートを真似するなら、自分より上の世代か下の世代か?

A、上の世代

下の子を真似しても負けるので、見本にするなら年上。

若い人の流行りはポイントで取りいれましょう。

Q,ファッションの差し色は、バックかトップスか?

A、バック

若い人は差し色が定番色でもいい。

ある程度の年の方は、ワンポイントの差し色は小さいもので。靴も〇

Q、買うなら今すぐ使える服か、10年使える服?

A、今すぐ使える服

10年先自分がどうなっているか、地球がどうなっているかわからない!

逆に今着れて、ずっと着れればいいでしょう。

まとめ

捨てる捨てないかの判断は、自分がマシに見えるかどうか?

鏡を見て、自分が可愛く見えたら取っておく、太って見えたら捨てること。

わかっていても、服が捨てられない方、多いのではないでしょうか?

気になったので、本を読んでみました。

著者の地曳いく子さんは、ファッション誌のスタイリスト。

たくさん服があるのに、着る服がない。

若いころに買った服が捨てられない。

ショップでは気にいって買ったのに、家に帰って着てみるとしっくりしない服ばかり。

そんな女性に向けての一冊です。

印象に残った言葉は、「買うは天国捨てるは地獄」

そう。買った服って、着なくなってもなかなか捨てられないのです。

でも「服は男と同じ」

今似合う服があるなら、古い服を捨てましょうということですよね。

買っていいのは「今着る服だけ」

しかも、一週間以内に着ましょうって。

自分のクローゼットを見てみると、買ったけど1度も着ていない服もあるかも💦

なんとなく、服は種類がないと困るって思ってました。着たきり雀って言われるんじゃないかって…。

私も「バリエーションの呪い」って奴に、かかっているのかもしれません。

でも、似合っていれば、頻繁に着ても大丈夫。

かえって似合わない服を着ると、ダサい印象が強く残るのでよくないとか。

服を買う時は、増やすのではなく交換で。

古いものを捨てて、新しいものを入れる!

私も少し、クローゼットを整理したいと思います。

服よりも、こだわるべきは靴。靴箱も整理しなくっちゃ。

ちょっと年上の方向けかな? でも若い方も、参考になると思いますよ。

よかったらこちらもどうぞ。

https://syufufuu.com/hirunandeu-closet10/



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする