マツコの知らない世界、紙袋デザイナー加茂伸洋オススメ、紙袋の使い方

2018年1月30日の、マツコの知らない世界

「紙袋の世界」

紙袋とともに生きてきた唯一の紙袋専門デザイナー・加茂伸洋さんが登場。

3000種類以上の紙袋を集めている方。

子どもの頃に紙袋に出会い、今や街で紙袋を見かけるとついて行きたくなるという病的な(?)紙袋大好き人間。

オシャレな紙袋コレクションや、紙袋のオシャレリメイク作品を紹介してくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大




紙袋の世界

楽しみ方

・音を聞いて厚みを知る

・匂いを嗅ぐ

紙袋とは

企業の本気が出る手作り品。

紙袋を作るのは手作業。コストもかかります。

不要品がお宝に?

紙袋をサブバックに使う若い女性も増えています。

フリマアプリやオークションなど、高額でやり取りされているそうです。

ジルスチュアートは、フェミニンなデザインが人気。

ジェラートピケは、パステルカラーに太めのリボンが人気。

AcneStudiosは、ビビッドな色味と丈夫さが人気。

すごいのは、伊勢丹新宿店地下1階で数量限定で販売されるバナナの紙袋。開くと1枚の葉のようになるデザインです。

紙袋との向き合い方

紙袋の使い方を間違うと、ちょっと残念な感じに…。

紙袋はこうやって使ってほしい!

ランコム

OLさんのランチボックスには、ランコム。

コスメ用の紙袋はマチが広く、厚みがあり、小さめ。お弁当箱を入れるのにぴったり!?

高級感もある???

マツコさんはしきりと「ランコムじゃないとダメ?」って聞いていましたが。

PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE

彼とのお泊りデートにぴったり。

蓋が付いていて中が見えない形状がいいとか。

泊まるつもりがないのに、泊まっちゃった感を演出できるかも?

紙袋リメイク

紙袋で折った二つ折り財布は、海外で使える使い捨て用。

コスメボックス、タンブラー、トイレットペーパーカバー、封筒、ブックカバーなど、加茂さんが作ったアイテムはたくさん。

器用だから色々作れるのでしょうね。

封筒やブックカバーは、簡単に作れそうかな?

ベリービーバッグ

加茂さんが働くのは、オリジナル紙袋メーカー「ベリービーバッグ

アパレル、ヘアサロン、製造メーカーなどのコンサルティングも手がけるデザイン会社「DRIVE,inc.」のプロデュースで誕生した会社です。

大阪と東京青山にショールームがあります。

加茂さんはデザイナーであり、紙袋アドバイザーです。

今回は、紙袋に対する思いがすごかった!

私は紙袋なんて、紙ごみ捨てる時に使うくらいですが、使い道も色々あるのですね。

マツコさんは「すごーい」「キモーい」を連呼していましたが💦

みなさん、お気に入りの紙袋はありましたか?

同じ日の内容です。よかったらこちらもどうぞ。マツコの知らない世界、日本茶!茶師十段が勧める玉碾・鶴雲・八女茶・玉露 



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする