沸騰ワード10【タダグルメハンター玉置豊】マテガイ&テナガエビ釣り

河原風景

沸騰ワード10 変わり者大調査

そんなに食べられるんだ? 話題のタダグルメハンター

玉置豊さんは、だれも見向きもしないが、意外とウマイ食材をタダでとって食べまくる男。

2018年7月20日放送回では、マテガイ・アナジャコ

2018年8月10日放送回では、テナガエビ・ダイナンギンポとイソガニ

タダでとって食べるタダグルメを教えてくれました。

スポンサーリンク
レクタングル大

沸騰ワード10 タダグルメハンター 玉置豊さん

干潟のマテガイ

釣り場 ふなばし三番瀬海浜公園

みんながアサリをとっている潮干狩りの海で、一人で砂に粉を振る男を発見。

実は干潟に塩を入れると、マテ貝が取れます。

貝はひし形なので、同じひし形の穴を探します。

穴が見つかったら、塩を少し入れます。マテ貝がいると出てきます。

マテガイはスーパーで買うと、1キロ3000~4000円。

砂抜きなしでも食べられます。

シンプルにバター焼き。

仕上げに、ネギを振りかけたら出来上がり。

マテガイは塩分濃度に敏感なので、塩を振ると身の危険を感じて飛び出します。

川のアナジャコ

釣り場 都内を流れる川の河口

少し表面の泥を描きだすと、泥の中に穴が見つかりました。

穴になぜか筆を刺していきます。

穴から爪があらわれたら、手でつかんで引き上げます。

穴に筆を刺すと、筆を敵と勘違いして押し返します。

出てきたのはアナジャコ。今が旬。

泥干潟に巣穴をほって生息しています。九州の有明海などでは「マジャク」とも呼ばれます。

買えば1キロ、3000~5000円

泥を水で流し、唐揚げ粉をまぶし唐揚げに。

殻も柔らかいので、丸ごとそのまま食べられます。

唐揚げにすると、本当に美味しそう。泥臭くありません。

(写真はアナジャコの煮付です)

テナガエビ

釣り場 多摩川河口付近

針金ハンガーと、お弁当の醤油入れでテナガエビを釣ります。

仕掛け作り

  1. 針金ハンガーを便利で分解する。
  2. ハンガーの先を丸め、糸と針を通す
  3. 醤油入れを糸にくくる
  4. 残り物の切り身を針につける
  5. しょうゆ入れが動いたら、引き上げのチャンス!

護岸の障害物の隙間にいるテナガエビ。

日本の川や池に生息し、割烹料理にも使われる食材です。

タダグルメハンターがやっていたのは、「穴釣り」と言う手法。

ハンガー竿だと、エビの目の前に直接エサを垂らすことができます。

テナガエビと雑草のアヒージョ

謎の草を使った、テナガエビ調理。

テナガエビは飲める水の中で、泥を吐かせておきます。

  1. テナガエビの口元の砂袋をとる。
  2. 塩でもむ。
  3. 熱したオリーブオイルへ入れる。
  4. 草を茹でて加える。

草は実は、スベリヒユ。

全国に分布し、山形や沖縄では食用として親しまれている草。とろみがあります。

ダイナンギンポ&イソガニ

釣り場 神奈川県三浦半島の先・城ヶ島

海ではハンガー竿を使いますが、糸は短くします。

醤油さしもいりません。

ハンガーは針金。好きに曲げて、生き物のいそうな場所に近付けます。

釣れるのは、ダイナンギンポ

高級魚ギンポに似ている、タダグルメです。

骨をとって天ぷらにすると、ふわふわして穴子のように美味しい。

次に別の仕掛けを用意。

竹の棒にさんまの尻尾、わっかになった釣り糸をつけたもの。

獲物をおびき寄せ、近づいたことろで糸をしめ、捕まえる方法が「ひっこくり」

イソガニがとれます。

イソガニは油で素揚げ。塩でいただきます。

残ったカニで、味噌汁も作れちゃいます。

まとめ

  • 玉置豊さんは、タダグルメハンター。
  • 海の干潟では、塩でマテガイが取れる。バター焼きがオススメ。
  • 川の河口では、筆でアナジャコが取れる。唐揚げがオススメ。
  • 多摩川では、テナガエビがとれる。
  • 草のスベリヒユは食べられる。
  • 城ヶ島では、ダイナンギンポとイソガニがとれる。
  • 針金ハンガーは釣り竿になる。

アサリの潮干狩りの言った時に、偶然マテガイをとったことがあります。

狙ったわけではなく、偶然とれたのもの。

細長くて真っ直ぐで、貝殻がとても薄い、変わった貝です。

私もバター焼きで食べました。普通に美味しかったですよ。

後日塩を振ってとるやり方も試してみましたが、あんなにたくさんはとれませんでした。

穴を見つける目が違うのでしょうか。さすがです。

アナジャコは初めてみました。いつかとってみたいな。

調べてみました

玉置標本

タダグルメハンター、気になりますよね。

ちょっと調べてみました。

本名の玉置豊さんで登場されましたが、「玉置標本(たまおきひょうほん」という名前で活動されています。

1976年埼玉県生まれ。

東京のウェブ制作会社に勤めた後、30歳でフリーライターに転身。

現在は埼玉在住で二児の父。趣味は釣りを中心とした食物採取全般。

私的標本

玉置さんのブログです。

捕まえて食べたり、お出かけをしたり、やらなくても困らない挑戦などの記録。

http://blog.hyouhon.com/

趣味の製麺

玉置さんは製麺も趣味。

家庭用手回し式鋳物製麺機(小野式製麺機など)を使っ た、ラーメン、うどん、そばなどの自家製麺についてのブログです。

http://www.seimen.club/

捕まえて食べる

玉木さんは本も出版されています。

タイトルはシンプルに「捕まえて食べる」

Amazonのグルメエッセーで、ベストセラー1位獲得。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年7月23日 沸騰ワード10 街の変わり者大調査で、パン屋の看板娘が紹介されました。 登場したのは、怪魚ハ...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする