沸騰ワード10、タダグルメハンター第2弾!テナガエビ&ダイナンギンポ&イソガニ

2018年8月10日放送。

新企画変わり者大調査。

そんなに食べられるんだ? 話題のタダグルメハンター。

玉置豊さんは、だれも見向きもしないが、意外とウマイ食材をタダでとって食べまくる男。

今回は第2弾。

多摩川河口付近で、テナガエビ。

城ヶ島で、ダイナンギンポとイソガニ。

スポンサーリンク
レクタングル大




テナガエビ釣り

多摩川河口付近。

針金ハンガーと、お弁当の醤油入れで何をとる?

仕掛け作り

1、針金ハンガーを便利で分解する。

2、ハンガーの先を丸め、糸と針を通す

3、醤油入れを糸にくくる

4、残り物の切り身を針につける

釣り

護岸の障害物の隙間に、タダグルメがいます。

しょうゆ入れが動いたら、引き上げのチャンス!

釣れたのはテナガエビ。

日本の川や池に生息し、割烹料理にも使われる食材です。

タダグルメハンターがやっていたのは、「穴釣り」と言う手法。

ハンガー竿だと、エビの目の前に直接エサを垂らすことができます。

テナガエビと雑草のアヒージョ

謎の草を使った、テナガエビ調理。

テナガエビは飲める水の中で、泥を吐かせておきます。

1、テナガエビの口元の砂袋をとる。

2、塩でもむ。

3、熱したオリーブオイルへ入れる。

4、草を茹でて加える。

草は実は、スベリヒユ。

全国に分布し、山形や沖縄では食用として親しまれている草。とろみがあります。

ダイナンギンポ&イソガニ

神奈川県三浦半島の先、城ヶ島へ。

ダイナンギンポ

海ではハンガー竿を使いますが、糸は短くします。

醤油さしもいりません。

ハンガーは針金。好きに曲げて、生き物のいそうな場所に近付けます。

釣れるのは、ダイナンギンポ。

高級魚ギンポに似ている、タダグルメです。

骨をとって天ぷらにすると、ふわふわして穴子のように美味しい。

ひっこくり

別の仕掛けを用意。

竹の棒にさんまの尻尾、わっかになった釣り糸をつけたもの。

獲物をおびき寄せ、近づいたことろで糸をしめ、捕まえる方法が「ひっこくり」

イソガニがとれます。

イソガニは油で素揚げ。塩でいただきます。

残ったカニで、味噌汁も作れちゃいます。

まとめ

・多摩川では、テナガエビがとれる。

・草のスベリヒユは食べられる。

・城ヶ島では、ダイナンギンポとイソガニがとれる。

・針金ハンガーは釣り竿になる。

テナガエビは高級食材。

買えば、1キロ1万円するものもありますよ。


★四万十川の川エビ(手長えび)約200g★

マテガイ&アナジャコ

前回は塩でマテガイ、筆でアナジャコをとりました。

初回登場した回はこちらへ。

沸騰ワード10、タダグルメハンター玉置豊、マテガイ&アナジャコがウマイ!

捕まえて食べる

玉木さんは、グルメエッセー本も出版されています。

タイトルはシンプルに「捕まえて食べる」


【新品】【本】捕まえて、食べる 玉置標本/著



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする