ヒルナンデス紅ミュージアムはどこ?色が変わる口紅小町紅は買える?

口紅

2019年11月13日

理由を聞いたらスゴイ品のコーナーで、口紅の博物館が紹介されました。

色が変わる口紅って、どんな品なのでしょう?

ヒルナンデスで紹介されたスゴイ品と、紅ミュージアムのアクセスなどをまとめました。

入場は無料なので、お近くの方はぜひ行ってみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大

小町紅

小野小町にちなんで名づけられました。

おちょこに塗った紅。

緑色のキラキラした玉虫色の部分が紅で、水で濡らした筆でなぞると、綺麗な赤に色が変わります。

純度の高い紅は、乾くと玉虫色になるそうです。

江戸時代には6万円以上した高級品で、金に匹敵する価値があったそうです。

伊勢半本店オンラインショップで購入可能。

理由を聞いたらスゴイ品

1位 大正時代に使われていた金属のペンチ

今では女性が当たり前に使うあるものの原型。

スティック状の紅を作る道具「棒紅」は、大正7年に登場。

当時は、木蝋+アラビアゴム+赤色顔料を溶かし、押し固めたクレヨンのようでした。

水につけ、唇に直接塗れる画期的なもの。

2位 江戸時代に使われていた鏡台

黒漆塗り。

ある工夫で江戸時代の女性たちに重宝されていました。

今の鏡台は引き出しが前に出ますが、こちらは横に出ます。

江戸時代の鏡台は、引き出しが横に向くタイプが主流でした。

暗い中でも鏡に使づけるように。

紅ミュージアム

紅ミュージアムとは?

紅ミュージアムは、伊勢半本店が運営する資料館。

紅づくり・化粧の歴史・文化の資料を展示しています。

体験ゾーンでは、紅のお試しづけや、科学的なアプローチから紅ならではの色の不思議が体験できます。

開館時間・料金

10:00~18:00(入館は17:30まで)

※ただし、企画展開催中は開館時間が変更する場合あり。

休館日:毎週月曜日(祝日または振替休日の場合は翌日休館)・創業記念日(7月7日)・年末年始

無料(企画展は有料)

アクセス

東京都港区南青山6-6-20 K’s南青山ビル1F

03-5467-3735

東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅下車B1出口徒歩12分

よかったらこちらもどうぞ。

2019年7月17日 理由を聞いたらスゴイ品のコーナーで、世界のカバン博物館が登場しました。 創業79年の老舗カバンメー...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告