ヒルナンデス、田舎暮らし入門エコアパート!

2018年7月4日放送。

ドケチ隊の田舎暮らし入門

エコアパートは家と畑がセットで借りれます。

知ってましたか?

田舎暮らしに憧れても、いきなりは難しい物。

エコアパートなら、初心者でも楽しめます。

千葉県のエコアパートに、ドケチ隊が潜入!

スポンサーリンク
レクタングル大




物件情報

・畑付き

・薪ストーブ完備、薪はタダ。空気を循環させる構造

・無垢のヒノキの床

・駅徒歩9分

・駐車場2台分

・家賃9万円

・メゾネット2LDK

千葉県いすみ市は、首都圏住みたい田舎ランキングで、1位

東京から特急で70分。

メゾネットタイプのおしゃれなアパート。築5年。

畑付きで、自給自足の第1歩に。

畑付き

ミニトマトは初心者にもオススメ。

ブルーベリー、キュウリ、葉ねぎ、ホースラディッシュなども。

近所の人が畑を耕し方も教えてくれます。しかも材料費ゼロ。

1、土を耕す

2、木枠を作る タダの廃材で作ります。

3、土を盛る バークチップは材木屋さんでもらえます。

4、肥料を混ぜる 肥料は生ごみから手作り。炭もタダ。

5、苗を植える オクラとマリーゴールド。

コンパニオンプランツと言って、害虫予防・風味アップの組み合わせ。マリーゴールドが、オクラの大敵アブラムシを防ぎます。

水やりは、雨水がタンクに貯めているのでタダ。

ロケットストーブ作り

薪を原料に外に煮炊きできる、田舎暮らしの必需品。

ご近所の薪の達人に教わります。

一斗缶に穴をあけ、ハサミできって、内側から煙突をはめ、ナットで固定。

薪を割って、ポップコーンを作りました。

後半の内容は、近日放送予定。

まとめ

田舎暮らし、楽しそうですね。

少し調べてみました。

このエコアパートの情報は、こちらで詳しく載っています。

今は満室だそうです。→green+(グリーンプラス)

田舎暮らしで人気のいすみ市には、空き家バンクもあるみたいです。

いすみ市の移住・田舎暮らしについては、いすみ暮らしというサイトで紹介しています。

エコアパートのご夫婦のインタビューも載っていました。→いすみ暮らし

畑を教えてくれた、ソーヤ海さんはパーマカルチャーと平和道場主催。

本も出版されています。


都会からはじまる新しい生き方のデザイン

2018年7月18日放送分はこちら。ヒルナンデス、エコアパート田舎暮らし続編!竹の流しそうめん&キャンプファイヤー



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする