マツコの知らない蚊の世界、天才少年田上大喜の大発見&蚊の対処法

2018年7月17日放送「マツコの知らない世界」

自宅で蚊を研究し、世界的発見をした 田上大喜くんが登場。

蚊への知識や愛が溢れる、世界に羽ばたく18歳の天才少年です。

スポンサーリンク
レクタングル大




蚊の飼育

田上君は、ひと夏に4000匹の蚊を飼育します。

オスは果汁を吸って、血を吸いません。

メスには、自分の血をあげています。

血を吸うのは交尾後のメスだけ。産卵のために、血を吸います。

外で自分の足をおとりに、蚊を捕まえます。

蚊は実は、1年間で一番、人間を殺している生物です。年間83万人が、蚊を媒体する病気で亡くなります。

田上君の大発見

足の匂いで交尾する

蚊は、人間や動物を二酸化炭素で検知します。

田上君は、人の足の匂いを嗅ぐと、蚊が交尾をすることを発見しました。

オスとメスがハートの形をして飛ぶのが交尾。

蚊は一生に一度しか交尾しないと言われていました。

しかし、足の匂いを嗅ぐと、複数回交尾をすることを見つけたのです。

7匹のメスに、2時間で、76回交尾させることに成功しました。

蚊に刺されやすいのは?

蚊に刺されやすいのは、足の菌が多い人。

常在菌という、人の体内や皮膚に常に存在している菌。

足裏の菌の種類が多い人ほど、蚊に刺されやすいという発見をしました。

蚊に刺されやすい妹は、田上君よりも3倍菌が多いのです。

ちなみに、血液型では、O型>B型>AB型>A型の順で刺されやすいと言われています。

蚊の対処法

外出する前に、除菌シートで足を拭く。

蚊の刺されやすい妹さんも、除菌シートで足を拭くだけで、蚊に刺される数が1/3に減少したそうです。

田上大喜くん

スゴイ18歳が出てきましたね。ちょっと調べてみました。

京都教育大学附属高校卒業。

2016年、筑波大学「科学の芽」賞、高校生部門受賞。

自然や科学への関心と芽を育てることを目的としたコンクールで、対象は小・中・高校生。

ノーベル物理学賞を受賞の朝永振一郎博士の功績を称え、筑波大学で与えられる賞です。

私は2年前くらいかな、NHK「ガッテン!」に出ているのを見て知っていました。

「科学の芽」賞をとったレポートは、「ガッテン!」との共同研究。

蚊に刺されやすい妹の足に注目した実験と観察の取り組みを見て、高校生なのにすごいなあとひたすら感心していました。

妹さんのために付け加えておくと、菌が多い=足が臭いわけではありません。

匂いとは関係ないみたいです。

「ガッテン!」のその日の内容は、公式サイトで見れます。人類最凶の敵!「蚊」撃退大作戦!

研究レポートはこちらで見れますよ。「蚊が何故人間の血を吸いたくなるのかを、ヒトスジシマカの雌の交尾数で検証する」

アメリカ生まれ、オーストラリア、シンガポール育ち。

今年、コロンビア大学へ進学。脳科学を勉強します。

ノーベル賞受賞者を83名輩出した理系のエリートの超名門で、理系の上位10名に選ばれたそうです。

夢は「蚊と人間が共存できる社会の実現!」

田上君の研究で、血を吸わない蚊が生まれるかもしれませんね。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする