ヒルナンデス、ラブリコで壁収納!築50年賃貸を8万円でナチュラルカントリーに

ペイント

2018年5月22日放送。

プチプラリメイク達人のお宅のぞくンデス!

築50年賃貸を約8万円で、ナチュラルカントリーに。

気のぬくもりと白を基調にしたスタイル。

家族6人、2LDKのお住い。12畳LDKを劇的大改造。

リメークの達人、大塚沙代さんに達人の極意を教わります。

スポンサーリンク
レクタングル大

ラブリコで棚を作るべし

下駄箱

玄関に、6人分の靴をぴったり置ける靴入れ。

1人1列で、棚を6つ作ってあります。

ラブリコと、2×4の木材を2本用意。

木材の両端にラブリコのアジャスターをはめ、上のアジャスターにあるジャッキを回し木材を固定。

2本組み立てから、棚板の木材をななめにネジで固定。

靴が落ちないように、棚板に細い木材を貼り付けたら完成。

オリジナル壁面収納

角材とラブリコ、有孔ボードで、壁面収納を作れます。

下段は雑誌や本、上段は帽子やカメラなど。

リビングの、エアコンの室外機につながる配管を隠すための壁面です。

約8000円で作れます。

万能な超機能的カウンターキッチン

カウンターキッチンは、パステルグリーンでアクセント。

収納式のテーブルを広げることができます。

フライパンはぶら下げて収納。

調味料ホルダーは、100円ショップの瓶の蓋をネジで固定。狭いキッチンを有効に使うアイデアです。

カウンター内にはステンレスパイプを組立て、大きなお鍋を収納しています。

キッチンペーパーホルダーは可動式。T字型のつぎてで固定しています。

材料費は、約35000円。

シンク隣りの収納棚も手作り

鐘際にラブリコで柱を取り付け、板で覆い、自由にネジが止められる壁を作りました。

側面に有効ボードを張って、おたまなどをつるし収納。

材料費は、約2000円

空き缶でオシャレ激安インテリア

ミルク缶でライト

漆喰の塗料をミルク缶に塗って、仕上げはスポンジで叩くように重ね塗り。

缶に穴を開け、紐を通し、ライトをつけて吊るします。

缶詰でカラトリーケース

バターミルクペイントという、口に入っても大丈夫な塗料を塗ります。

缶をマグカップホルダーに固定。

空き缶で観葉植物入れ

アルミ缶の底を切り落とします。

穴を開けた缶の上部を押して潰します。

切った缶をさらに斜めのカット。

カットした部分をペンチで折り曲げます。

デニム色にペンキを塗り、黄色のステッチを花器、ジーンズタブを取り付けます。

便利アイテム

ソープホルダー

ダルトンのソープホルダーは、石鹸はマグネットをつけて吊るす感じに。

石鹸受けがヌルヌルになることもありません。

自動歯磨き粉ディスペンサー

歯磨き粉のチューブをセットしておけば、歯ブラシに歯磨き粉が自動ででます。

1200円くらいで、そんな便利なアイテムがあったのですね

まとめ

賃貸なので、原状回復できるアイデアが満載。

ラブリコと2×4は、賃貸にはいいアイテムですね。

キーボックスも手作り。磁石でキーがつく仕組みです。

洗面所も手造りで、生活感をなくしています。素敵ですね。

大塚さんのアイデアは、雑誌エッセでも取り上げられています。ESSEオンライン

賃貸や、古い住宅をリノベするのが、今流行っているのかな?

よかったらこちらもどうぞ。

ヒルナンデス!DIY、100円グッズで賃貸マンションをアンティークカフェに



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする