ヒルナンデス 洋服お直しフォルムアイの料金は?ドレス・着物をリメイク

ミシン

2019年11月6日

洋服のリメイク店が進化!

洋服のお直し「フォルムアイ」が取り上げられました。

創業50年。年間360万点以上をリメイク!

30人以上の職人が集まる本店工場に潜入した様子と、リメイクのお値段をお伝えします。

スポンサーリンク
レクタングル大

結婚式のカラードレス

結婚式の時に着たカラードレス。

夫が選んだカラードレスを、パーティードレスにリメイクしてほしいという依頼。

レースを表に出したチュールスカート風のドレスにリメイクすることになりました。

まず元のドレスを分解して、生地を裁断。

新しく縫い合わせてドレスを作ります。

ベテラン職人が、デザインから縫製まで手掛けます。

余った生地で、お子さん用のアイテムも作りました。

息子さんにはベスト、娘さんにはドレス。おそろいで素敵です。

  • 息子さんのベスト 1万5千円
  • 娘さんのドレス 3万円
  • ママのドレス 12万円
  • 合計 16万5千円

祖母の着物

祖母が絽刺しを入れた着物が依頼品。

絽刺し(ろざし)とは、約1200年前日本に伝わったとされる伝統工芸。

絽(絹の織物)を木枠に入れ、折り目に絹の糸を編む手刺繍です。

和装にあう数珠袋とバックにしてほしいという依頼です。

シミやカビをよけて、刺繍の部分を裁断して使います。

裁断後、芯をアイロンでつけて、強度を補強。

裏地も切り出し、バックの裏生地に縫製します。

取っ手をつけて縫い合わせ、バッグは完成。

数珠袋もバック同様、芯を張り付けて作ります。

おばあちゃんの手仕事が、素敵に受け継がれました。

  • トートバック 1万5千円
  • 数珠袋 8千円
  • 合計 2万3千円

フォルムアイ

フォルムアイのお直しメニューは、リフォーム・リペア・リメイクがあります。

丈の長さやウエストなどの大きさを調整するのが「リフォーム」

壊れたファスナーの交換や、やぶれやほつれを直すのが「リペア」

昔の洋服を今風にデザインチェンジするのが、今回のような「リメイク」

服だけでなく、カバンのお直しもしています。

本社 〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1丁目11−1

東京本店 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目28−4

店舗 全国245店舗(内リフォームショップ 210店舗)

気になる料金ですが、店舗ごとに確認が必要のようです。

お直しできるかどうかの、料金がいくらになるのかの判断は、実際に品を見ないとわからないということでしょうね。

お近くの店舗は、こちらで確認ください。

公式サイト フォルムアイ

よかったらこちらもどうぞ。

2019年5月29日 今、洋服リメイクのお店が増えています。 創業50年、年間360万着以上を手掛ける「フォルムアイ」が...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告