ヒルナンデス洋服リメイク「フォルムアイ」ウエディングドレスが七五三衣装に

ウエディングドレスを着た花嫁

2019年5月29日

今、洋服リメイクのお店が増えています。

創業50年、年間360万着以上を手掛ける「フォルムアイ」が紹介されました。

着られなくなった着物を洋風ドレスにしたり、思い出のネクタイで人形をつくったり、依頼は様々。

デニムをバックにしたりシャツにしたりもお手の物。

今回、ウエディングドレス・コート・シャツのリメイクを見学しました。

スポンサーリンク
レクタングル大

ウエディングドレス

ママがオーダーで作った思い出のウエディングドレスを、お子さんの七五三の衣装にします。

まず、職人が考案したデザイン画を依頼主に提案。

可愛さ重視、元に似せたデザイン、大人っぽく上品など、デザインは複数提案します。

今回は元に似せたデザインで作ることになりました。

3歳の平均身長100㎝弱を想定して型紙を作成。

仮布で試作してから作ります。

一日かけてビーズをとりはなし、レースを解体。

汚れをチェックし、キレイな部分だけを裁断します。

チュールは子ども用に、目の細かい柔らかいものを新たに用意します。

時間と手間をかけて丁寧に作られます。

余ったドレスの生地で、ポーチも作れます。

  • ミニドレス 10万円(税込)
  • ミニポーチ 5万円(税込)
  • 合計 15万円

コート

お母様がOL時代お金を貯めて購入した思い出のコート。

当時約10万円のものを譲り受けた娘さんからの依頼。

今、肩パットを外して今風にする、親世代のリメイク依頼が増えいているそうです。

まず職人が、ステインカラー・バルカラーと襟のデザインを考案。

丈を詰め、スリットを短くリメイクすることに。

同時に虫食い穴も修復します。

依頼主が普段来ている服から、サイズを確認して作ります。

今回は解体後、丈を短くして襟に活用します。

糸は500種類から、近い色を選んで塗っていきます。

ボタンホールも新しく縫い、カジュアルに今風デザインに変更しました。

  • 依頼費 5万円(税別)

ブルゾンさんのシャツ

ブルゾンちえみさんの依頼です。

ピンクとミントグリーンの2枚シャツを、1枚にシャツにします。

シンプルな無地のシャツは着なくなったので、個性的なシャツに変えたいという依頼です。

ベストをした時に、前だけベルトが見えるように、後ろはベルトが中に入るデザインに。

ボリュームが出て、動いた時にフワっとしてオシャレに。

余った生地で、ブリリアンのネクタイを作りました。

フォルムアイ

今までヒルナンデスでは、洋服のお直しが紹介されていましたが、今回は服のリメイクでした。

全く違う品によみがえりましたね。

フォルムアイのお直しメニューは、リフォーム・リペア・リメイクがあります。

丈の長さやウエストなどの大きさを調整するのが「リフォーム」

壊れたファスナーの交換や、やぶれやほつれを直すのが「リペア」

昔の洋服を今風にデザインチェンジするのが、今回のような「リメイク」

服だけでなく、カバンのお直しもしています。

本社

〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋1丁目11−1

東京本店
〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3丁目28−4

店舗

全国245店舗(内リフォームショップ 210店舗)

お近くの店舗は、こちらで探してみて下さい。

公式サイト フォルムアイ

よかったらこちらもどうぞ。

2019年7月3日 今、洋服のリメイク店が進化! 思い出のブランドデニムが、親子お揃いのバッグに変身。 プロポーズ...
2019年5月15日。 宝物お直しセンターは、ぬいぐるみのお直し。 杜の都なつみクリニックは、ぬいぐるみの病院。 ...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告