ヒルナンデス【秋冬野菜】緒方湊野菜ソムリエプロが解説!おすすめの食べ方&選び方

長ネギ

2021年11月2日

ヒルナンデス

野菜ソムリエプロ・緒方湊くんに教わる 秋冬野菜の意外なノウハウ

栄養たっぷり野菜の選び方や長持ちする保存方法、簡単アレンジレシピ。

紹介された秋冬野菜についてお伝えします。

しいたけは食べる1時間前に、日光で天日干しすると、ビタミンDが増えるそうですよ。

スポンサーリンク
レクタングル大

ヒルナンデス 野菜ソムリエ緒方湊くんに教わる秋冬野菜

ねぎ

ビタミン豊富

栄養をより多くふくんでいる長ネギは、根本が膨らんているもの。

辛味が少ない傾向があります。

葱の白い部分の栄養素・硫化アリルは、疲労回復のカギとなるビタミンB1の吸収を助けます。

レンコン

旬は夏から冬まで、今の時期が一番甘みが詰まっている

粘り気成分が粘膜を強化 風邪予防にうってつけ。

栄養を効率的に摂取できるレンコン料理は、味噌汁

粘り気成分は熱に弱いので、煮物よりさっと温める汁物がオススメ。

レンコンをすりおろして使うと、成分の吸収率がアップ。

里芋

今が旬 カリウム豊富でむくみ予防に効果的。

触って手がかゆくなったら、酢水に漬けると、お酢の酸と成分が結合。ぬめりが分解されます(水200㏄+お酢大さじ1)

皮むきは、丸めたアルミホイルでこすると、栄養が残るのでオススメ。

カーボロネロ

家庭菜園にピッタリ。

虫がつきにくく、株自体を抜かなければ永遠に収穫が続けられるお得な野菜。

名前の意味はイタリア語で、黒いキャベツ。

カルシウム、ビタミンUなどが含まれ栄養も豊富。

ビーツ

食べる輸血と呼ばれるほど、栄養素が多い野菜。

腸内環境を整える食物繊維は、レタスの2.5倍

うずまきビーツの断面は、白と赤のうずまき。生食可。

キャベツ

冬に最も甘くなる野菜。

耐寒性を高めるため、糖分量が増加。

キャベツ・白菜・レタスなど芯のある野菜は芯に楊枝をさして、ポリ袋で包み冷蔵庫で保存すると、1か月保存可能に。

キャベツの芯に成長点があり、収穫後もそこに養分を送ろうとします。

楊枝をさして成長点を破壊し、成長を止めると、しなびず保存できるそうです。

オススメのキャベツは、北海道の札幌大球。

まとめ

ヒルナンデス

野菜ソムリエプロ・緒方湊くん直伝 秋冬野菜の新常識

野菜ソムリエ緒方湊くん

合格率約35%の野菜ソムリエプロの資格を、史上最年少10歳で取得。

これまでに1300種類の野菜を食べ、料理も研究しています。

自宅の庭は畑にして、秋由布野菜は16品種も栽培。

一番好きな野菜は山形の伝統野菜「甚五右ヱ門芋」

甚五右ヱ門芋は森の家で通販があります。

「野菜がおいしくなるクイズ」も発売中。

史上最年少の野菜ソムリエプロ 「みなとくん」(中学2年生)の初めての著書

クイズと絵で覚える、スーパーやキッチンで役立つ野菜の見分け方、食べ方、保存の仕方。

湊君はヒルナンデスのカリスマルーティンにコーナーにも出演しましたね。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年5月18日 ヒルナンデス 野菜ソムリエの(秘)ルーティン! 緒方湊くんは史上最年少で野菜ソムリエプロの資格を取...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする