ヒルナンデス、ハーバリウムを母の日に贈ろう!作り方&上級テクニック

2018年4月25日放送。

今、世話が不要のインテリアプランツがブーム。

オイルに花が浮かぶ美ボトル・ハーバリウムって知ってますか?

ハーバリウム=植物標本。

フラワーデザイナー・まゆみ先生に教わります。

気楽に作れ、飾る場所を選ばないので、母の日のプレゼントにぴったり。

ボトル選び→花選び→ボトリングの順で作っていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

ボトル選び

ボトルは透明で蓋が閉まるガラス製なら、何でもOK。

円柱が一番多いタイプ。

角柱は、引き締まった印象。

幅広タイプは、大きな花が入るが、固定が難しいので上級者向け。

電球型など色々なタイプあり。LEDライトコースターと組み合わせると幻想時に。

花選び

基本はドライフラワー。古くないものを選びます。新しいものは、葉っぱなどが粉々になっていないもの。

造花を使うと、ドライフラワーでは難しい種類・色味で作れます。

ドライフラワー用シリカゲルに入れれば、自然よりもキレイに、自分でドライフラワーにできます。

貝殻やオーナメントを加えてアレンジしても。

ボトリング・初級

花1本

花は1本、ピンセットで入れます。

花が大きすぎて入らない時は、セロハンで花を巻いて入れ、後でピンセットでセロハンを取り出します。

オイルは、シリコンオイルなど、ハーバリウム用の純度100%のオイル。

オイルは気温によって膨張することもあるので、瓶一杯には入れません。

花2本

2本がバランスよくするため、茎の長さを調整します。

茎が短い物から入れます。

短いものが浮く場合は、花束のようにくくるといいです。

たくさんの花

茎を切って、花だけをたくさん入れます。小さい花もぎっしり入れます。

ボトリング・上級

ジャムタイプ、電球タイプ、幅広瓶、ウイスキーボトルなど、上級編にも挑戦。

パールのネックレスを入れるワザ

パールは花と一緒に入れていきます。最後だと花が邪魔して入りません。

瓶の口にパールのワイヤーを結んでおきましょう。

最後、クルクル巻いたワイヤーはキャップで隠します。

ハートを浮かせるワザ

厚紙をボトルの内側の形に切り、厚紙に沿ってプラバンもボトル型に切ります。

グルーガンで、プラバンに花びらを♡型に接着。

中に入れるとハートが浮いて見えます。

プラバンには文字が書けるので、メッセージを書いてもいいですね。

花の向きのワザ

花を全部外側にむけると、満開で咲いているように見えます。

花が浮いて見えるワザ

透明なセロハンに、グルーガンでたくさんの花を貼ります。

裏返してクルクル巻いて、ボトルに入れてオイルを注ぎます。

ひらひら花が浮いているような出来上がりになります。

まとめ

ハーバリウム、素敵ですね。

思ったよりも、簡単に作れそう。

本もたくさんあるので、見ながら作れそうですね。

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする