ジョブチューン セブンイレブンのギモン!金のシリーズ&冷凍食品

金のハンバーグ

2019年10月12日

セブン-イレブン大人気商品へのギモン!

最上級ブランド「セブンプレミアムゴールド(金のシリーズ)」ってなんで高いの?

ホットスナックの人気はどれ?

中華まんで一番売れたのは?

冷凍食品のおすすめは?

開発担当の方々に、全部ぶっちゃけてもらいました。

スポンサーリンク
レクタングル大

金のシリーズ

金の直火焼きハンバーグ

金のハンバーグは、黒トリュフを使用。

黒トリュフはソース全体の0.3%で、デミグラスソースの香りを引き立てる役割をします。

日本ハムの工場で製造。

金じゃない、デミグラスハンバーグ(198円)も同じ工場で作られています。

両者を比較すると、値段の違いに納得。

金の直火焼きハンバーグ

  • 肉…肉質が柔らかいアンガス牛100%
  • 成形の際に脂身が多い部分を、赤身が多い部分で包む2層構造で、外は肉肉しく、中はジューシー。
  • 焼き方…鉄板で焼いた後、直火で焼き上げ
  • ソース…フォンドボー(子牛の骨や野菜を1日に込んだ出汁)を使用。赤ワイン、黒トリュフでコクを出す。

デミグラスハンバーグ

  • 肉…デミグラスは、牛豚のあいびきを使用。
  • 焼き方…高温のオーブンで両面を短時間で焼き上げる
  • ソース…フォンに調味料を入れて2時間煮込んだデミグラスソース。

金のビーフシチュー

今回リニューアル。

ソースに赤ワインと、アンガス牛だしを追加。

前回の企画で、キレがないと評価したシェフに食べてもらったところ、10点満点で2点評価から7点の評価にアップ。

買ってみたいと思うと、高評価でした。

金の食パン

4枚入り 230円から275円にリニューアル。

一般的な食パンの倍以上の価格。

リニューアルで45円値上げしても、売り上げが2倍にアップ!

水の量を20%増量しつつ、小麦本来の風味を残した生地に改良。

食べ方は、レンジで温めるのがおすすめ。

レジ横商品

ホットスナック人気トップ3

1位 ななから

2位 からあげ棒

3位 ビックアメリカンドッグ

ななからの秘密

1位のななからは、年間1億5000万個売り上げ。

肉質が柔らかい生後1か月半の若鳥を使用。

醤油、みりん、さとうが主原料のたれに1時間漬け込みます。

ショウガやでんぷんを組み合わせた白い粉をまぶし、ジューシー感を中に閉じ込めます。

片栗粉をまぶして、フライヤーで2度揚げます。

1度は工場で低温で揚げ、スチームオーブンで加熱・冷凍。

2度目はお店で高温で揚げます。

2度揚げで、カラッとジューシーな仕上がりに。

中華まん

過去10年間に、100種類以上を販売。

バレンタイン時期に発売された「ハートの生チョコまん」は、おしりに見えると話題になって売れました。

今年の新商品は、「つぶつぶつぶつぶコーンポタージュまん」

冷凍食品

冷凍食品の売り上げは、10年前の約5倍。

約70種類もあります。

セブンプレミアム極上チャーハン

セブンプレミアム極上チャーハン(298円)が、売り上げ急上昇。

工場では1日5万食作られています。

世界で唯一の設備で、料理人が作るチャーハンのように中華鍋で作られます。

少量ずつ短時間で炒めるため、1度に作れる量は4人前。

レンジでチンして食べられますが、フライパンで炒め、最後にごま油を足すのがおすすめ。

セブンプレミアムゴールド とみ田つけめん

名店とのコラボ。398円

8月の発売以来大ヒット。

とみ田からレシピを教わらないで開発したそうです。

作り方はらくらく。レンジ加熱後、袋のまま水切りできます。

買ってみました

セブンイレブンの商品、どれもおいしそうでした。

いくつか買ってみましたよ。

まず、金のシリーズ。

こちらは金の直火焼きハンバーグ。

金のハンバーグ

結構大きめなハンバーグで、厚みもあります。

ソースにトリュフが入っているかどうかは、庶民のワタクシでは判別できませんでしたが(💦)、おいしいことは間違いないですね。

こちらは金の食パン

金の食パン

食パンブームは、この金の食パン発という話も聞いたことがあります。

以前買ったことがあるのですが、トーストで食べていました。

レンチンしてふっくら食べられるのもいいですね。

そしてこの中華まんは、つぶつぶつぶつぶコーンポタージュまん

いや、つぶ×4って、つぶつぶ言い過ぎでは(笑)。

コーンまん

確かにつぶつぶ、たくさん入っていますよ。

コーンスープがお好きならおすすめです。

コーンまんを割ったところ

冷凍食品も買ってみました。

セブンプレミアムゴールド とみ田つけめん

とみ田つけめん

セブンではチルド麺もとみ田のつけめんがあって、それは食べたことがあります。かなりおいしかったです。

でも500円以上するので、コンビニ麺にしては、ちょっとお高い印象もありました。

こちらの冷凍麺も400円くらいですから、自分で作る手間を考えると安くはありませんね。

麺とスープは、別々の袋に入っています。

とみ田つけめんの中身

レンジ加熱だけでいいので鍋いらず。

ただ、麺と汁を別々に温めるので、ちょっと時間がかかります。

麺は600Wで約5分30秒。スープは約1分30秒。

時間がかかっても、洗い物がないのがうれしいところ。

とみ田つけめん調理後

太めの麺は食べ応えがあって、スープは味がしっかりして、とても美味しいです。

冷凍麺の技術も進んできたなと思います。

残念ながら本家に食べに行ったことがないので比較ができませんが、お墨付きをもらっているので、かなり近い味ではないでしょうか?

麺やスープはもちろん、チャーシューもおいしいですよ。

高いですが、やっぱり値段と味は比例するんだなと思いました。

よかったらこちらをどうぞ。

2018年7月21日放送。 超一流の料理人がジャッジ! セブンイレブンで、いま絶対に食べるべき本当に美味しい商品はどれ!? ...
2019年4月26日。 金曜プレミアム・ウワサのお客さま【全国店員さんインタビュー!GW直前SP】 セブンイレブンにドは...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告