世界一受けたい授業、葛西紀明の疲れない体・折れない心のつくり方

2018年5月26日放送。

冬季オリンピック8回出場。世界最多ギネス記録。

レジェンド葛西紀明さんの、「疲れない体」の作り方

著書『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』

年齢なんて関係ない、葛西式メソッドとは? レジェンド・ブレスとは?

スポンサーリンク
レクタングル大




葛西式メソッド

疲れない体を作るポイントは、代謝をあげること

基礎代謝が上がれば、疲労物質を放出できます。

その1、姿勢

背筋を伸ばすのが、1番疲れない姿勢。

頭はボーリングほど重たいもの。体重の約10%。

背筋を伸ばした状態では負担がありませんが、悪い姿勢では肩こりなどを引き起こします。

体幹トレーニング

1、仰向けに寝て、両膝を立てます。

2、へその1㎝下を1㎝へこませます。

3、息を吸いながら上半身をゆっくり起こし、ヘソが見えたら3秒キープ。

4、息を吐きながら、上半身をゆっくり戻します。

寝る前に、5回繰り返します。腹直筋と腹横筋を鍛えます。

その2、特に下半身を鍛えよ

下半身は体の筋肉の70%がある場所です。

下半身強化トレーニングで、鍛えましょう。

スキージャンプスクワット

1、肩幅で足を開き、頭の後ろで手を組みます。

2、10秒かけて腰を落とします。

3、10秒かけてゆっくり戻します。

つま先と膝は正面を向くように。なるべくお尻を突き出すイメージで。

1日3セット。

テレマークスクワット

1、手を腰に当て、足を前後に開きます。

2、5秒かけて膝を落とします。

3、膝が床につく直前で、5秒キープ。

4、10秒かけて元に戻ります。

左右交互に5回ずつ。1日3セット。

大腿四頭筋、大殿筋、腹筋を鍛えます。

折れない心の作り方

折れやすい心を生む最大の敵は、ストレス。

レジェンド・ブレス

1、鼻から、目いっぱい息を吸い込みます。

2、さらに息を吸い込みます。

3、5秒間、息を止めます。

4、歯の隙間から、ゆっくり息を吐きだします。

息を整えると緊張がほぐれ、本来の力が発揮できます。

葛西紀明さんの本

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方


40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方 [ 葛西 紀明 ]

楽天市場で探す
Amazonで探す

葛西紀明のレジェンド・ストレッチ 下半身を柔らかくすれば10歳若返る


葛西紀明のレジェンド・ストレッチ 下半身を柔らかくすれば10歳若返る (小学館SJムック) [ 葛西 紀明 ]

楽天市場で探す
Amazonで探す

やってみました

40代でも、まだまだ現役の葛西さん。

衰えた気がしない、ピークは次の冬季五輪ごろ?なんて話をされていました。

50歳近くがピークってことですよね。すごいなあ。

葛西さんのトレーニングを試してみました。

仰向けで寝ておへそを見る体幹トレーニングは、寝る前でも無理なくできそうです。

簡単で時間がかからないので、ベッドの上でやって、そのまま寝ちゃえばよさそうです。

一方、下半身のスクワットはキツイですね。

スクワットは早く動いてはダメで、ゆっくり時間をかけて腰を落とすのですが、それがキツイ💦

スキージャンプスクワットは、腰を落とすのも戻すのも、5秒くらいなら楽ですが、10秒かけるって、ちょっと大変。

テレマークスクワットの方は、もっとキツイかも。

膝がつく直前で5秒キープするところまでできても、10秒かけて戻るのがキツイ。5秒くらいで戻ってしまいたい…。

レジェンドブレスの方は、呼吸法なので、難しくはありません。

イライラした時や、仕事の前など、意識して呼吸したいと思います。

じつは最近、スクワットは少しやってました。

こちらの番組を見てから、1日10回やっています(忘れる日もあるけど)金スマ、1日10回スクワット!小林弘幸が森昌子&長山藍子に伝授、結果は?

こちらのスクワットは10秒キープと言われているのですが、私は5秒が限界だったりします…。

下半身を鍛えるのは、大変なんだなあ。

でも鍛えておかないと、将来寝たきりになっちゃうのかも?

こんな番組もありましたよ。ジョブチューン、寝たきり防止にスクワット&ひきわり納豆

読んでみました

『40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』を読んでみました。

35年間「企業秘密」だった究極のメソッドを初公開!というこちらの本、人生が劇的に変わる30のコツが紹介されています。

本の中で葛西さんは、「自分の夢は正しい努力で叶える」と言います。

努力が実を結ぶってよく聞きますが、「正しい」努力っていうのがポイント。

また「無理はしない、笑顔で楽しく」とも言っています。

笑顔が爽やかなイメージある葛西さんですが、昔は無表情な鉄仮面だったとか。

その頃、ハードな練習を重ね努力しても、結果を出すことはできませんでした。

的外れな努力は無駄になる、無理をしてもダメ、という経験からの言葉なのでしょうね。

筋トレのハウツー本かな?と思っていたら、ちょっと違います。

この本はビジネス書。40代、50代のビジネスパーソンに向けて書かれています。

葛西さんのようなトップアスリートのやるようなトレーニングは、一般人にはとてもじゃないけれど無理です。

でもこちらで紹介されているのは、ごく普通の人が、気楽に取り組める内容になっています。

体だけでなく、メンタルも強化して、前向きに人生を生きれる、仕事で結果を出せるヒントがもらえますよ。



スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする