世界一受けたい授業 松丸亮吾が謎解きクリエイターの仕事を解説!気になる給料は?

考える像と?マーク

2021年2月20日

世界一受けたい授業 職業図鑑

松丸亮吾先生に学ぶ謎解きクリエイターのお仕事

謎解き制作の裏側、苦労&気になる給料事情など教えてくれました。

世界一受けたい授業 謎解きクリエイター

謎解き制作会社RIDDLER

松丸さんは2019年、謎解き制作会社RIDDLER(リドラ)設立

出版、企業とのコラボ、自治体からの依頼などが仕事。

今の仕事は、うんこドリル×謎解き

「松丸亮吾のうんこナゾトキ」は2021年7月発売予定。

新しい問題ができると、最初に3人以上で問題を解きます。

いろんな意見を入れてブラッシュアップ。

松丸さんの目を通してないものは、外に出さないルール。

社員はどんな人?

社員は11名。

社員は元サークル「AnatherVision」メンバー。

現在もサークルには約300人が在籍する人気サークル。

謎解きクリエイターは9名

アンバサダーは謎解きを作る精鋭部隊、謎解き問題制作のアルバイトで、学生、フリーターが多い。

給料は?

リドラの社員の給料は、一律、新卒で入った段階で最低30万円。

自分が担当したものが広まると、臨時ボーナス。

先生は、役員報酬で別。

まとめ

人気者の松丸亮吾先生の授業。

謎解きクリエーターという職業について教えてくれました。

「人を楽しませたい笑顔にしたい、誰かのためにって仕事は思いが強くなる」と言っていたのが印象的でした。

松丸さんが謎解きをするようになったのは、多湖輝先生の「頭の体操」がきっかけ。

「頭の体操」は、シリーズ累計1200万部のベストセラー。

紹介された音符の謎解きは、こちらの本に載っています。

また松丸さんは、スマート家電好きとしてテレビにも出演しています。

よかったらこちらもどうぞ。

2020年7月17日 スマート家電に取りつかれた謎解き王子・松丸亮吾さん24歳。 新居は都内一等地の1K(約35㎡)、家...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大