世界一受けたい授業 阿川佐和子「看る力」明るいアガワ流介護術!


2018年12月15日放送。

阿川佐和子先生のベストセラー。

看る力 アガワ流介護入門

阿川佐和子先生と、医療法人社団慶成会会長・大塚宣夫先生の特別授業です。

明るいアガワ流介護術

心に余裕を持つために、後ろめたさを持つべし

母親の介護でのこと。

仕事が忙しく会いに行けないとウソをついて、ゴルフに出かけることもあったそうです。

後ろめたさがあった方が、優しくできるという体験談を話してくれました。

好物は喉につまらない

食べることは人間の最後の楽しみ。

家族が作った好物は、不思議と喉につまらない。

大塚先生の病院では、うなぎやステーキもたまに出るそうです。

勿論、調理の仕方も工夫して、飲みこみやすくします。

阿川さんの父親も、食にこだわり、病院ですき焼きを食べたり、お燗で晩酌したりしたそうです。

入院すると、病院食が人生最後の食事になる方も多いでしょう。

大塚先生の病院では、食べ物の持ち込みは自由です。

赤ちゃん言葉を使わない

高齢者には、ていないな敬語で話すこと。

人生の大先輩として扱われると、生きる意欲もわいてきます。

医療より介護 介護より生活

大塚先生の病院では、人間らしい生活を重視。

1日中パジャマでなく、朝になったら部屋着に着替え、ベッドから起きるようにします。

帽子、スカーフ、ネクタイなどを用意して、いつでもオシャレできるようにしています。

恋は長寿の万能薬

ある人気の看護婦さんにはファンが沢山。

その看護婦さんが人事異動で病院を離れることになったとき、自分もついていくと転院した患者さんがいたそうです。

残った患者さんは亡くなり、転院した患者さんだけが10年生きたという本当の話。

会いたい人がいると生きる原動力になる!

認知症の方への対処法

認知症の方は、新しいことを覚えられず、何度も同じことを繰り返し聞くもの。

同じことを聞いてくる時も、否定しない。

肯定すれば安心感を与えられます。

また自分から別の質問をして、関心をそらすことも良い。

またイライラしたら笑っちゃおう! イライラを笑いに変えて、ストレス軽減。

介護される側の心得

家族にこそ、介護費用を払おう。

家族に何かをしてもらった時に、感謝を言葉を伝えること。

その時に、ポチ袋に入れたお金を、その都度こまめに渡すこと。

感謝の気持ちが何倍にもなって伝わる。

まとめ

作家、エッセイスト、キャスター、女優として活躍している阿川佐和子さん。

お父様(作家・阿川弘之さん)を看取り、認知症のお母様を介護中。

「看る力」は、高齢者医療の第一人者である大塚宣夫先生と、理想の介護法・理想の老後を語った一冊です。

阿川先生も感銘を受けた大塚先生。

大塚先生の病院にお父様が入院され、お母様もショートステイでお世話になっているそうです。

青梅慶友病院・よみうりランド慶友病院会長。

病院のサイトはこちら。慶友病院



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大