世界一受けたい授業「推し、燃ゆ」宇佐見りんの授業!推しは人生を豊かにする?

本

2021年3月27日

世界一受けたい授業 「推し、燃ゆ」

”推しは人生を豊かにする”

現役大学生作家・宇佐見りん先生の授業です。

世界一受けたい授業「推し、燃ゆ」

ストーリー

物語の主人公は、高校生のあかり。

通っている高校でも家庭でも「普通」のことができず、常に生きづらさを感じている。

唯⼀の生きがいは、ある男性をアイドルを推すこと。

「推しを推すことがあたしの生活の中心で絶対で、それだけは何 をおいても明確だった。中心っていうか、背骨かな。」

しかしその推しが、ファンを殴ったことで炎上。芸能界引退を発表。

生きがいである推しを失い、あかりはどう生きていくことになるのか?というストーリー。

推しとは?

推してるメンバー=推し

あかりにとって、ダメな自分でも、全身全霊で打ち込めることがあると教えてくれた存在。

「推しは自分を肯定して愛してくれることはないけれど、否定もされない。その距離感が自分に自信がない時に救われる」と先生はお話されていました。

アニソンのロックスターLiSAさんの推しは、フィギュアスケートの浅田真央さん。

推しとは違くても、目標を持つことは大事。

日本人2人目のノーベル生理学・医学賞受賞の山中伸弥教授の目標は、日本人初のノーベル生理学・医学賞受賞の利根川進教授。

先生はどんな人?

1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち。

小学生からお話を書くことが好きな子どもでした。

中学生は演劇部に入部。このころから見た夢をメモするように。

高校生になると毎日日記を、別の人の物語として書くように。

現在大学生。

小学生の頃から今でも続けていることは、自分への手紙。

先生も8年間推している俳優がいますが、誰かは秘密。

自慢できるくらい鼻がよく、嗅覚にたよって小説を書いていると言ってもおかしくないと言います。

まとめ

宇佐見りん先生の世界一受けたい授業。

2019年、『かか』で第56回文藝賞、史上最年少で第33回三島由紀夫賞を受賞。

2021年、2作目の長編小説『推し、燃ゆ』で第164回芥川賞を受賞。

芥川賞は、綿矢りさ、金原ひとみに次ぐ、歴代三番目の若さでの受賞です。

『推し、燃ゆ』は、累計発行部数47万部をこえるベストセラー。

2021年本屋大賞の候補にもなっています。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年1月30日 世界一受けたい授業  野原広子先生著「妻が口をきいてくれません」 新型コロナで離婚の危機? ...
2020年12月12日 世界一受けたい授業 繊細さんの知恵袋 「繊細さんの本」著者・武田友紀さんの授業 こんな時ど...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大