「頭に来てもアホとは戦うな!」タイプ別アホ対処法【世界一受けたい授業】

世界一受けたい授業で「頭に来てもアホとは戦うな!」が取り上げられました。

54万部の大ヒットの話題の本。

ヒットの理由は、アホな日本人が増えていると感じる人が多いから。

アホと戦わず、ストレス社会を生き抜く秘訣を、田村耕太郎先生に教わります。

スポンサーリンク
レクタングル大

「頭に来てもアホとは戦うな!」

アホとは?

アホとは、「わざわざ戦ったり悩んだりする価値のない人」

  • 悪い噂を広めて、他人を陥れようとする人。
  • ねちねちと理不尽なことを言ってくる人。
  • どうでもいい自慢話ばかりする人。

アホと戦うのは時間の無駄!

まわりに相談しても良いが、悪口は言わないこと。

タイプ別アホの対処法

工作員型

ウソやデマを流し陰湿ないじめをする、工作員型のアホ。

過剰な対応がダメ。火に油を注ぐようなもの。

いやがらせは無視しましょう。

犯人がわかっても、直接言わない方がいい。

その場は解決したように見えても、一層恨みを持たれ、さらなる火種になる事も。

ロボット型

言われたことしかやらない、ロボット型のアホ。

最近の若者に多いタイプ。

言われたことはやるので期待をせず、具体的に指示。

パワハラ型

権力を笠に着て、理不尽な言動で部下の心をズタズタにするアホ。

悪いことをしている自覚がなく、良いことをしていると思っていることも…

従順な振りをして聞き流すこと。

アホと戦ってしまう人

  • 正義感が強すぎる人
  • プライドが高い人
  • おせっかいな人

人生の貴重な時間はアホのために使わないには、戦わないこと。

アホへに怒りのコントロールは、怒りを書き出すこと。

書きながら自分が静まっていきます。

アホとは戦うな自分と戦え

  • アホと戦う暇があったら、そんなことを考えてしまう自分と戦うこと。
  • 他人に振りまわされず、他人の評価を気にしないこと。
  • 自分と向き合うこと。

サッカーの本田圭祐選手が、自分と向き合っている人の代表として紹介されました。

2018年ワールドカップでは、世間の不要論を気にせず、大活躍しました。

先生は、日記を書くといいとアドバイスしていました。

長く書き続けて時系列でみていくと、自分の姿が自分で見えてくるそうです。

読んでみました

前々から気になっていた本「頭に来てもアホとは戦うな!

本屋で見かけたら、ホリエモンも感動という帯が目につきました。

”イライラが一瞬にして消えるスゴイ本” 読んでみました。

この本はの前半はタイトル通り、アホと戦うなという「非戦の書」です。

アホと戦うなんて、時間もエネルギーももったいない。

自分の足を引っ張る人「アホ」に、倍返しやリベンジするのは時間の無駄。

他人を気にせず自分が何をしたいか?何が必要なのか考えることに専念しようというのが、メッセージです。

後半はサブタイトルの「人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法」が、自分の体験を元に語られます。

田村さん自身は元政治家なので、政治家関係の話がたくさん出てきます。

なるほどと思う部分がありましたが、話が大きすぎてピンとこない部分も多数。

ご自身は、超頭いい、超エリートなんですよね。

慶応大学大学院でのMBAまで行き、山一証券に入社。

山一のエリート部門M&A部門活躍し、全社でナンバー1に。

30代で新聞社社長になるわ、参議院議員になるわ。

現在はシンガポールを拠点に企業アドバイザー、大学教授などさまざまな分野で活躍‥‥

経歴だけでお腹一杯になりそうなくらい、すごそうな人です。

だからたくさん実例というか、実体験が出てくるのですが、どれも遠い世界の話のような気がしてしまいました。

でも言っていることは、確かにと納得することが多いです。

この本がオススメなのは、

  • 会社勤めで、出世欲がある方。
  • 大きな組織で活躍したいと思っている方。
  • やりたいことがあって、その目的を果たすための処世術を知りたい方。
  • 目障りなアホが周りにたくさんいる方。
  • 周りが気になって、イライラする方。

うーん。私にはあんまり当てはまらなかったかも💦

そもそもよく考えてみたら、私の周りに「アホ」はそんなにいないなあ…。

ただ心に残ったこともあります。

例えば、

どんな相手にもリスペクトを

アホでも苦手な人でも、丁寧に接するべき。批判したり嫌いオーラを出したりしてはいけない。

淡々とこなす者が最後には勝つ

嫉妬に気をつけながら、待つこと、耐えること。

ちょっとした日常の人付き合いでも、応用できる話もありました。

みなさんも読んでみてくださいね。

「頭に来てもアホとは戦うな!」

よかったらこちらもどうぞ。

世界一受けたい授業「未来の年表」明るい未来にするためにできることは?

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする