世界一受けたい授業シティポップアーティストトップ20!海外で人気の歌手最新版

音符イラスト

2022年7月23日

世界一受けたい授業

音楽ライター・選曲家、栗本斉先生が紹介。

いま世界で聴かれている日本のシティポップ「ザ・トップ20」

シティポップとは、1970~80年代に日本で誕生した都会的なポップス。海外の若者に人気です。

世界一受けたい授業で発表されたランキングと、紹介された楽曲をまとめます。

スポンサーリンク
レクタングル大

シティポップスアーティストトップ20最新版

1位 松原みき

1979年「真夜中のドア〜stay with me」

Spotifyグローバルバイラルチャート18日間連続世界1位(2020年12月10日~27日)

AppieMusic J-POPランキング、83の国と地域で1位(2020年12月20日)

2位 大貫妙子

1978年「4:00A.M.」

海外でダンスする動画が大バズリ。

3位 杏里

1983年「悲しみがとまらない」のカップリング曲「RemenberSummerDays」が人気。

4位 竹内まりあ

1984年「Plastic Love」

シティポップブームのきっかけになった曲。Spotifyで3000万回再生。

5位 大橋純子

6位 細野晴臣

坂本龍一・高橋幸宏と組んだYMOのリーダー。

1978年「東京ラッシュ」

7位 秋元薫

1986年「Dress Down」

8位 松下誠

9位 八神純子

今年6月、アメリカの音楽団体が選ぶ女性ソングライターの殿堂を受賞。

代表曲は、1978年「みずいろの雨」

海外で人気なのは、1983年「黄昏のBAY CITY」

10位 杉山清貴&オメガトライブ

1985年「ふたりの夏物語」

80%以上が海外で聴かれています。

国別ランキングは、1位アメリカ・2位日本・3位メキシコ・4位インドネシア・5位カナダ

11位 亜蘭知子

12位 濱田金吾

1982年「街のドルフィン」

13位 荒井由実

1973年「ひこうき雲」 ジブリ映画「風立ちぬ」の主題歌。

14位 キリンジ

2000年「エイリアンズ」

今の若手ネオシティポップに影響を与えたアーティスト。

15位 1986オメガトライブ

1986年「君は1000%」

ボーカルは日経ブラジル人、カルロス・トシキ

16位 菊池桃子

17位 吉田美奈子

山下達郎さんが「日本一歌がうまい」と評した歌手。

代表曲は、1976年「夢で逢えたら」

大瀧詠一作詞作曲 ラッツ&スターもカバーした名曲

海外一番人気は、1973年「外はみんな」

18位 国分友里恵

19位 松任谷由実

1978年「埠頭を渡る風」

ユーミンが「逗子マリーナライブ」で必ずシメに歌った曲。

20位 荻野目洋子

1986年「LAZY DANCE」 久保田利伸作曲

まとめ

世界一受けたい授業

海外で人気の日本のシティポップトップアーティストトップ20をお伝えしました。

ランキングは、世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyにて、6月15日~7月12日までに海外リスナーが再生した回数を集計したものでした。

音楽ライター・選曲家、栗本斉先生の著書、「「シティポップの基本」がこの100枚でわかる!」はこちらです。

よかったらこちらもどうぞ。

2021年4月3日 TBS系「本当のとこ教えてランキング」第2弾 テーマは、歌唱を知り尽くしているプロのクラシック声楽家...
2021年10月30日 世界一受けたい授業 奇跡の頭ほぐし 第2弾 顔の3大たるみ…ほうれい線、目の周り、二重アゴ ...
世界一受けたい授業は、日テレで毎週土曜日夜放送。
古今東西の有名講師が登場し「使える学問」を講義。目からウロコの授業を受けられる学校です。
見逃した方は、Huluで配信されていますので、ぜひチェックしてみてください。

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする