世界一受けたい授業 フワラーボックスの作り方!ニコライバーグマンの花のトリセツ

フラワーボックス

2019年6月8日

暮らしを劇的に変える花のトリセツ

大人気、フラワーボックスの作り方。

世界的フラワーアーティスト・ニコライバーグマン先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

初心者でもわかる花のトリセツ

花の選び方

初心者は1種類の花でOK

これから咲く蕾を混ぜると、長く楽しめます。

花瓶

家に花瓶がなくても大丈夫。

小鉢や湯呑み茶碗も花瓶になります。

初心者向けの花瓶は、透明じゃない花瓶

透明だと、水を変えるのを忘れた時、濁った水が目立ちます。

口が広いとまとまりにくいので、口は狭い物がオススメ。

花を生ける前にやるべきこと

茎を斜めに切ること。

切れ味のいい花ばさみを使いましょう。

茎の中の導管(水を吸う管)が潰れないので、長持ちします。

真っ直ぐにカットするよりも、斜めにした方が水をたくさん吸い上げます。

また花はしおれると、エチレンという花を老化させるガスを出すので、見つけたら摘んでしまいましょう。

花屋にいく曜日

新鮮なお花を買うには、月水金に花屋に行くと良い。

市場に新鮮な花が入るのが、月水金なので。

フワラーボックスの作り方

  1. 防水加工した箱の中に吸水スポンジを入れる。
  2. 花の茎はボックスの高さより、数ミリ短くカット。
  3. 最初は箱の四隅に刺す。
  4. 刺しやすいように箱を回転させながら、その中間にも刺す。
  5. 中央に大きめの花を刺す。ど真ん中よりもちょっとずらして。
  6. 同じ種類、同じ色、同じ大きさの花が並ばないように、ピンセットで隙間を埋める。

1週間から10日持ちます。

2~3日に1度、花と花の間に少し水を入れます。

スポンジが塗れる状態がベスト。

ニコライ バーグマン

デンマーク出身のフラワーアーティスト。

ニコライ・バーグマン・フラワーズ&デザインを設立。

ヨーロピアンスタイルのフラワーデザインに、北欧スタイルのセンス、細部にこだわる和の感性を調和させたユニークなスタイルを日本で発表しています。


(nicolai bergmann ニコライバーグマン) オリジナルプリザーブドフラワーボックス (クールブリーズ)【北欧雑貨】


【冷蔵便】 ニコライバーグマン Nicolai Bergmann ブラッシング ローズ 【フレッシュフラワー】 小サイズ フレッシュフラワーボックス 生花 ギフト 贈り物 プレゼント

よかったらこちらもどうぞ。

2018年11月7日放送。 ドケチ隊主婦の副業で稼ぐ! ドケチ隊が、副業で稼いでいる主婦に弟子入り。 作った作品を匿名でラ...
2019年2月23日。 使わないともったない、家族を守るお助けアプリ。 東京工科大学メディア学部 専任講師 藤澤公也先生の授業で...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告