世界一受けたい授業 美肌菌を守る洗顔方法&シミを防ぐ食材で夏の肌ダメージをケア

2019年8月31日

夏の肌ダメージをケアしましょう。

シミ・くすみを予防する方法とは?

紫外線ダメージをリカバーする秋が旬の食材って?

美肌菌のためにやってはいけないこととは?

銀座ケイスキンクリニック院長 慶田朋子先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

美肌菌とは?

美肌菌の代表は、表皮ブドウ球菌。肌に潤いをもたらす救世主。

誰でも持っている菌です。

美肌菌は肌の表面にいるので、カミソリでそりとられ、回復に時間がかかります。

カミソリの使用頻度はなるべく少なくしましょう。

腸内環境が改善すると、肌の水分量が増え、肌荒れが減り、美肌菌の住みやすい環境になります。

おすすめの食材は、乳酸菌たっぷりのヨーグルト。

無糖のヨーグルトに、プルーンなどの食物繊維が豊富なドライフルーツを入れるのがオススメ。

正しい洗顔方法

  1. 髪を上げる
  2. 設定温度は35℃
  3. ぬるま湯で顔を濡らす
  4. 洗顔料を3回プッシュ
  5. 皮脂の多い部分に泡をつける。
  6. 指の腹で優しく洗う
  7. すすぎは15回
  8. タオルで拭く

最後に冷水でしめるのは間違い。人肌の温度が〇。

すすぎは15回。パーツごとに顔を傾けてすすぐこと。

タオルでゴシゴシ擦らないこと。優しくおさえる程度で。

鮭のアスタキサンチン

鮭には肌のダメージを修復する働きがあり、秋は旬でオススメ。

紫外線を浴びると活性酸素が体内に発生し、黒い色素であるメラニンを過剰に作り、シミを作ります。

シミ予防には、赤い色素のアスタキサンチンが効果的。

最強の抗酸化物質と言われる抗酸化力が強い成分で、活性酸素を除去。

紫外線による肌ダメージを低減させます。

ヨーグルトパック

肌のくすみケアには、ヨーグルトパックがオススメ。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、肌の新陳代謝を促します。

肌は4週間で新しい表皮に生まれ変わり、2週間かけて古い角層が剥がれ落ちます(ターンオーバー)

ヨーグルトの乳酸菌が、肌の新陳代謝を促進し、ターンオーバーの周期を整えます。

パックは無糖のプレーンヨーグルトで、週に3回程度行いましょう。

アレルギーもあるので、パッチテストをしてから行ってください。

  1. 軽くぬるま湯で洗顔。
  2. 顔全体にヨーグルト塗る。
  3. 5~10分置く。
  4. キレに洗い流す。

女医が教える、やってはいけない美容法33

今回教えてくれた、慶田朋子先生の本はこちらです。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年4月21日放送。 デブ菌って知っていますか? 2週間で変わる腸リセット術。 大腸のフィルミクテス門という菌は、脂...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告