世界一受けたい授業 子どもの事故6つの対策!てぃ先生現役保育士が解説

歯ブラシと手

2023年1月21日

世界一受けたい授業

子どもの事故&メンタル!コナン君と学ぶ日本人の危機スペシャル

今一番相談したい保育士てい先生が登場。

気を付けるべき子どもの6つの事故とは?

スポンサーリンク
レクタングル大

現役保育士てぃ先生の世界一受けたい授業

気をつけるべき子どもの6つの事故

浴室での溺死

乳児は深さ2.5㎝でおぼれてしまいます。

対策

  • お風呂の湯は流す
  • 浴槽周りに踏み台になるものを置かない
  • お風呂場に鍵をかける。

転落

高所平気症(高いところが平気)な子どもが増加。

5年間で47件の転落死亡事故が起こり、そのうち14件が0~4歳児

対策

  • 足場になるものを置かない
  • ベランダに出られないよう補助のカギをつける

誤飲

0から3歳は特に誤飲しやすい時期。

お弁当用のピックは要注意。大きさ3㎝程度なら飲み込んでしまいます。

保育園ではピックの使用禁止に。

対策

  • 誤飲チェックでオススメなのは、トイレットペーパーの芯。芯に入るサイズは飲む込む危険あり。
  • 電池交換は子どものいない場所で行う。電池の保管は子どもの手に届かないところに。

やけど

キッチンでは特に炊飯器に注意。ドライヤーも危険

対策

  • キッチンに柵をつけいている場合、緩まないよう定期的に点検する
  • ドライヤーは使い終わったらコードを巻き、手の届かないところにおく

歯磨き中の事故

歯磨き中に動き回ると危険。

対策

  • 歯磨きの場所を固定
  • 鏡を見ながら磨く
  • のど付き防止の曲がるタイプの歯ブラシを使う

窒息

ほとんどの保育園ではフード禁止。

特にひもがあると首が閉まるケースがあり危険。

ブラインドの紐にも気をつけましょう。

対策

  • ひも付きパーカーは着ない
  • ブラインドの紐はたれさせない

てぃ先生の本


 てぃ先生と学ぶ子どもの事故まとめ

世界一受けたい授業

子どもの事故、気をつけたいですね。

てい先生によると、しつけ・ルールは約1歳半から。

てぃ先生の授業はこちらもオススメです。

2022年4月16日 世界一受けたい授業 人気保育士てぃ先生が子育ての悩みを解決! この記事ではてぃ先生の授業の内...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする