世界一受けたい授業【怖い絵】名画の秘密を中野京子先生が解説!

額縁

2023年1月14日

世界一受けたい授業

名画に隠された怖い秘密。知れば知るほど面白い”怖い絵”

ベストセラー『「怖い絵」で人間を読む』の著者・中野京子先生が登場。

この記事では、中野京子先生の著書を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル大

世界一受けたい授業 怖い絵

本当は怖い名画ミステリー

「豆の王様」

フランドルの画家 ヤ―コブ・ヨルダーンス作

キリスト生誕のお祭りの様子を描いたもの。

絵の中に「酔っ払いほど狂人に近いものはない」とのメッセージが。

17世紀のフランドルは飢えに苦しんおり、今日食べておかないと明日どうなるかわからないと狂乱状態に。

ハエが魔除けに描かれた作品

ハエ=悪魔の化身=腐敗・不浄のもの。あえて描くことで魔除けに。

  • 「聖母子」カルロ・クリヴェッリ作
  • 「ホーファー家の女性の肖像」作者不明
  • 「果物と花のある静物」ジェイコブ・ファン・フルスドンク作

「ジン横丁」

ウイリアム・ホガース作

イギリス・ロンドンのスラム街で粗悪な酒ジンが流行した様子を描いた絵。

新聞の載っていた事件を1枚の絵に描いています。

崩れた建物、理髪師の自殺、梅毒、ジンを飲まされる赤ちゃん…子どもたちが犠牲になっている様子を絵画化。

「切り裂きジャックの寝室」

ウォルター・シッカ―ト作

人の気配を感じる気味の悪さが感じられる絵。

作者は、切り抜きジャック事件に異様に固執した画家。

かつて住んでいたと言われる部屋をアトリエとして借り、「切り裂きジャックの寝室」を制作。

作者は死後、有力な犯人候補に。

そして米国のミステリー作家が7億円もの私費を投じて調査し、シッカートを真犯人とした仮説を立てています。

中野京子先生

北海道生まれ。早稲田大学講師。

専門はドイツ文学・西洋文化史。

著書「怖い絵」」シリーズが大ヒット。展覧会や舞台化もされました。

「怖い絵」で人間を読む

 怖い絵

名画の中で働く人々 ───「仕事」で学ぶ西洋史

世界一受けたい授業 Huluで見逃し配信中!

中野京子先生の怖い絵まとめ

絵に隠されたミステリー。

中野京子先生の著書を紹介しました。

世界一受けたい授業はこちらもオススメです。

2023年1月14日 世界一受けたい授業 老けやすい人老けにくい人の違い! 緑色が残ったバナナを食べると老けにくい...

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする