世界一受けたい授業 中田英寿が日本伝統文化を紹介!茶・鰹節・九谷焼・日本酒

緑茶

2020年4月18日

元サッカー日本代表・中田英寿先生の初授業。

47都道府県を旅して再発見、日本の伝統文化スペシャル

引退後、自分を見つめなおす旅で90か国をめぐり、日本の文化を知らないことを痛感。

2009年からは日本文化を学ぶ旅で、日本全国1600か所以上をめぐった中田さん。

日本の素晴らしい文化、職人技を教えてくれました。

  • 鹿児島県 枕崎市 最高級のかつお節作り
  • 3グラム5400円の日本一高いお茶作り
  • 海外で大人気の九谷焼職人
  • 日本酒業界をリードする酒蔵
スポンサーリンク
レクタングル大

中田英寿さんの日本伝統文化の授業

高級手もみ茶 茶工房比留間園

お茶の種類

緑茶、ウーロン茶、紅茶は元々同じ葉。

お茶はすべて、ツバキ科のカメリアシネンシス。

  • 紅茶…発酵させる
  • 煎茶…発酵させない
  • 烏龍茶…半分発酵させる

手もみ茶の作り方

手もみ茶は、手で乾燥させるお茶。

茶工房比留間園が紹介されました。

日本一高いお茶を取り扱っています。

良質なお茶畑は自然仕立てという、特別なお茶を作るための栽培方法で育てます。

その年の新芽だけを、丁寧に手摘みします。

焙炉(ほいろ)というガスで温めた台の上で、職人が6時間かけて手もみし、針のような形になります。

3g 5400円の最高級の手もみ茶は、色が薄く、味はまろやか、香りは爽快。

枕崎のかつお節 西村浅盛商店

鹿児島県枕崎 西村浅井盛商店が紹介されました。

農林水産省のかつお節品評価委で、2度大賞を受賞した方に、鰹節を作る工程を見せてもらいました。

かつお節に向くカツオは、脂が乗っていないもの。

切り分けた後、2時間茹で、丁寧に骨抜きして作られます。

茹でる時の温度は、70~80度で投入後、沸騰、95度くらいで丁寧に煮ます。

骨抜き後は、焙乾(ばいかん)という燻す作業に移ります。

3週間焙乾して荒節が作られます。これを削ったものが、よく売られている鰹節です。

本枯れ節は、カビをつけてうまみを出す鰹節です。完成までに4~6か月かかります。

九谷焼絵付師 見附正康さん

石川県の伝統工芸品 九谷焼の絵師の方が紹介されました。

九谷焼 赤絵は、花や鳥を描いた中国風の柄が主流。

見附正康さんは、これまでなかった現在的なデザインを導入し、海外で展覧会を開くほど人気。日本を代表する若手作家です。

制作時にはデザインのスケッチはしないで、描きながら決めます。

筆は市販品をカットし、より細く、細かく描けるようにしています。

作品はInstagramで紹介されていますよ。

秋田の日本酒 新政酒造

新政酒造が紹介されました。

1852年創業、歴史ある秋田の酒蔵。今は8代目。

ジューシーと酸味が強調されたお酒が人気。

地元の米と、地元の水を使って、この場でしか作れないものを目指しています。

多くの酒蔵ではホーローのタンクで日本酒が作られますが、こちらでは木桶にこだわっています。

温度管理も難しく、職人の体力も必要です。

また、日本酒は器によって味が変わると言います。

中田先生が日本酒で最も伝えたいのは、料理とのペアリング。

特におすすめは、日本酒(ナンバーシックス)×生ハムチーズ、日本酒(コスモス)×麻婆豆腐。


No.6(ナンバーシックス)S-type 黎-Rei- 720ml 新政酒造2020年3月出荷分ギフト包装不可


新政 コスモス(秋櫻)木桶仕込み 2018 720ml

に・ほ・ん・も・の 

中田さんはこちらの本を出版しています。「に・ほ・ん・も・の 」

47都道府県を旅して出会った日本の「わざ」と「こころ」

47都道府県から厳選した、世界の人に誇りたい日本の逸品=“にほんもの”と、それを生み出す日本の「者」たちを紹介しています。

よかったらこちらもどうぞ。

2018年1月30日の、マツコの知らない世界 世界中で大ブームの「日本茶の世界」 日本で13人しかいない、茶師十段位の資...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする