世界一受けたい授業・大塚国際美術館はどこ?人気の秘密は?

額縁イラスト

2019年9月7日

大塚国際美術館に行けば、世界中の名画が一度に楽しめます。

2018年紅白歌合戦で、米津玄師さんが「Lemon]を熱唱したことでも有名になりました。

入館料が高くても、行列ができる人気の美術館。

西洋美術史家 木村泰司先生の授業です。

スポンサーリンク
レクタングル大

大塚国際美術館の魅力

名画を1000点以上展示。世界26か国、190の美術館の名画を一度に見ることができるのは、世界でもここだけ。

絵画は全てレプリカ(複製品)なので、名画に触れてもOK!

米津玄師さんが紅白で歌ったのは、バチカン市国システィーナ礼拝堂を再現した場所。

ミケランジェロが6年かけて描いた「最後の審判」も実物大で見ることができます。

礼拝堂の本場の雰囲気が味わえると大人気。

フレスコ画が有名なイタリアのスクロヴェーニ礼拝堂も再現。

ここでは月に2回、結婚式があげられ、今まで100組以上が式を挙げました。

世界に点在するゴッホの花瓶の「ひまわり」は、全て同室で展示。

一度に見ることができる貴重な場所です。

戦争で焼失した通称「芦屋のヒマワリ」も再現されています。

レプリカは、大塚オーミ陶業で作られています。

名画と同じコスプレも人気。衣装は無料です。

服の上から着ることができ、名画の前で写真がとれます。

大塚国際美術館のアクセス

公開:9:30~17:00 ※入場は、16:00まで

休業:月曜休館、ただし月曜が祝日の場合は、翌日が休館

入館料 一般 3240円

お得な前売り券もあります。一般 3100円

近くに電車の駅はありません。

神戸淡路鳴門自動車道の「鳴門北インター」より鳴門海峡方面へと左折約3分。

駐車場は約340台。

JR鳴門駅から徳島バスで15分、大塚国際美術館前下車すぐ

美術館公式サイト http://o-museum.or.jp/



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

リンク広告