世界一受けたい授業「はたらく細胞BLACK」で学ぶ体の仕組み

赤血球イメージ

2021年5月15日 世界一受けたい授業

シリーズ累計約680万部越え!人気アニメ「はたらく細胞BLACK」で学ぶ体の仕組み

1日5回食べるだけで肝機能が改善する甘いモノとは?

年を重ねると気になる加齢臭を簡単予防?

はたらく細胞の、医療監修をした医療法人ひかり会パーク病院院長 原田知幸先生の授業です。

「はたらく細胞BLACK」で学ぶ体の仕組み

エコノミークラス症候群

脚を動かさないでいると、胸の痛みが…

足の血管に血栓ができ、急に血流が増えると、血栓が詰まってしまいます。

身体が酸欠になると、胸の痛みや息苦しさが起こります。

動脈硬化

赤血球は酸素を運びます。

血管の中でLDL(悪玉コレステロール)が酸化すると動脈硬化が起き、脳梗塞が起こります。

動脈硬化によい食べ物

トマトに含まれる、エスクレオサイドAが、コレステロールの吸収を抑え、血管に脂肪がつきにくくします。

熱に弱いので、生や、ジュースでとりましょう。

飲酒による脂肪肝

肝細胞の働き

肝細胞は、アルコールを解毒する細胞。

肝細胞が持つ酵素が、ADHが血中のアルコールを解毒。

その際発生する強い毒物・アセトアルデヒドは、ALDHによって酢酸に分解、無毒化されます。

しかしアルコールの量が増えすぎると、肝臓の働きが悪くなり、脂肪肝、やがて肝硬変・肝臓がんに…。

肝機能が改善する食べ物

一日5回チョコレートを食べると良い。

カカオ成分70%以上のハイカカオ

糖質の吸収を抑え、ポリフェノールも含まれます。

1回5gを、朝昼晩の食前と、おやつの2回。

胃潰瘍

暴飲暴食を続けると、胃潰瘍になってしまいます。

潰瘍は胃の一部が深く傷ついた状態。

粘膜の機能が低下し、胃酸を中和しきれなくなって起こります。

胃潰瘍にいい食べ物

山芋、おくら、モロヘイヤなど、ネバネバ食材が胃の粘液を守ります。

熱に弱いので、生か、加熱しすぎないで食べること

加齢臭

皮脂腺細胞は、皮脂腺で分裂を繰り返し、脂肪膜を作り、乾燥・雑菌を防ぐいい細胞。

皮脂を破裂さえ、皮膚をおおってくれます。

しかし体を酸化させる活性酸素が多いと、皮脂の中の物質が酸化、ノネナールという物質に変化し、臭いが発生します。

加齢臭を含む体臭チェック

チェックが多いと要注意(特にストレス)

  • お酒をよく飲む
  • 肉や魚をよく食べる
  • ストレスをためている
  • 余り運動をしない
  • 夜更かしが多い

加齢臭対策

レモン汁を染み込ませたタオルで皮膚をマッサージ。

レモン半個分がおすすめ。肌に弱い方は少量から。

脂質の酸化を、ビタミンC,ビタミンEが防ぎます。

痛風

激しい痛みを伴う痛風。

暴飲暴食でプリン体をとりすぎると、尿酸値が上昇。

溶解しきれなくなった尿酸が、尿酸塩として結晶化します。

体はそれを細菌と勘違いして攻撃し、激しい痛みを引き起こします。

まとめ

「はたらく細胞」シリーズは、世界16の国と地域で出版。

体の中を街で表現。細胞を擬人化し、人間の体内でどう働いているかを描いています。

今回取り上げられた「はたらく細胞BLACK」

「はたらく細胞」と大きな違いは、舞台となるからだが不健康な大人であること。

性病や飲酒、喫煙がもたらす「不健康な大人のからだ」の中は、細胞にとって過酷なブラックな職場…

体内で頑張る細胞たちのことを考えたら、不摂生を改めないといけませんね。

世界一受けたい授業「はたらく細胞BLACK」で学ぶ体の仕組み

以上、ふう@FuuNikkiがお伝えしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「はたらく細胞」の授業も、あわせて読んでくださいね。

2019年7月27日 世界一受けたい授業 大人気漫画『はたらく細胞』 赤血球など細胞を擬人化した『はたらく細胞』から体の...



スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大